NYの重要ブランドaNYthingが復活 | 00年代のストリートウェアのフィーリングを洗練させたコレクションを発表

2000年代のNYのストリートシーンに大きな影響を与えたブランドaNYthingが、2020年に復活しFall & Winter 2020コレクションを発表した。

当時、NYのダウンタウン51 Hester StreetにあったaNYthingのショップにはアーティストやスケーターなどが集いカルチャーのハブとして機能していた。集っていたアーティストたちは今や世界中に活躍の場を広げ続けているが、復活したaNYthingは彼らとコラボレーションを行いユーモアと洒落のきいたフリーマインドな表現を行なっている。

00年代的ストリートウェアのフィーリングとクラシカルなテイストをモダンに洗練させたコレクションは12/11(金)から発売開始となる。

Info

Photography by Marie Tomanova
販売店舗:

Dover Street Market Ginza

United Arrows & Sons

2G

The Apartment

Grow Around

The Contemporary Fix

Coflo

Extro

Charlie

Chocolate Jesus

related

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。