Stone IslandがMONCLERに加入

STONE ISLANDが、MONCLERに加わりラグジュアリーにおける新ビジョンを共に発展させていく合意に達した。

「BEYOND FASHION, BEYOND LUXURY」のもと、2つのイタリアンブランドが新しいジェネレーションにおける発展的で文化的なコードを解釈する能力に磨きをかけ、新しいラグジュアリーセグメントでのポジショニングを強化。 体験性、包括性、コミュニティへの帰属意識、また芸術、文化、音楽、スポーツを含む多様な意味合いと発言における探求を積極的に取り込んでいくコンセプトがベースになる。

MONCLERは、アメリカやアジアをはじめとしたポテンシャルを持つマーケットを正確に捉えるための知識と経験、サステナビリティを重視した企業文化をSTONE ISLANDに共有する予定。MONCLERの会長兼CEOのレモ・ルッフィーニは以下のようにコメントしている。

私は常にトレンドや慣習を超越し、独自性と消費者との近い距離感が開発の礎となる、強力なブランドを構築するべく努めてきました。同じビジョンを共有することが、STONE ISLANDと共に未来を描いていくための協力関係を築くことに繋がっています。 著名な起業家が率いるストーンアイランドは、特有のコミュニティと強い関係性を築き、ユニークな技術やポジショニングの明確性により、独自性の高い製品を提供することで成功を収めています。モンクレールは、STONE ISLANDと共に、若者が自分自身を見出すことのできない典型的なステレオタイプから離れ、新しい世代に新しいコンセプトのラグジュアリーを提供します。コミュニティや経験、文化的交流の上に成り立ち、コミュニケーションが常に相互作用し「帰属意識」の芽生えるよう、オープンで繋がりのある世界を信じています。我々は共に歩みます。イタリアにとっても世界中にとっても挑戦的な瞬間の今、すべてが不確実で予測不可能なように思えます。しかし、私はこのような時こそ、我々は明日を築くためのエネルギーと、新たなインスピレーションを必要としています。これは、同じ価値観、同じ経営の厳しさ、革新に対する同じ情熱、人への同じ愛、未来に対して 同じ願望を抱く2つのイタリアブランドの融合です。これは、どんな危機にも屈しない国の回復力を讃えるものです。

STONE ISLAND会長兼CEOのカルロ・リヴェッティは以下のようにコメント。

レモと私は力を合わせて、我々が直面している課題に今まで以上の強さを持って取り組んでいくことを決定しました。我々は同じルーツを持ち、起業家として同じようなジャーニーを歩んできました。そして、ブランドの深遠な価値観と携わる人々に対するリスペクトを共有しています。我々はイタリア人です。STONE ISLANDは、強固なブランドのアイデンティティを維持しながら、継続的に研究と実験に重きを置く姿勢を育み、ブランドのポテンシャルを最大限に発揮するべく、新たなチャプターを歩み始めます。

ラヴァリーノにある本社は、今後もブランドのコアであり、卓越した技術の中心地であり続けることで、我々のチームと私は、 長年情熱を注いできたことに今後も継続的に取り組んでいきます。この提携は、両社の事業を発展させる絶好の機会であり、フィジカルとデジタルにおけるMONCLERのリテール経験によって、STONE ISLANDの国際的な成長の加速へと繋がります。

また、モンクレールとSTONE ISLANDに携わるすべての人にとって分かち合いや成長の機会となります。我々は、これからもイタリアの誇る創意工夫や創造性、プロフェッショナリズムによる物語を共に紡ぎ、より広い世界に伝えていきます。

related

MONCLERからSergio Zambonが手掛けた2021 SSコレクションが登場

MONCLERからSergio Zambonが手掛けた2021 SSコレクションが登場。

MONCLERからサステナブルな素材のみを使用したダウンジャケットが発売

MONCLERから、サステナブルな素材のみを使用したメンズ、 ウィメンズ、キッズのダウンジャケットが発売される。

MONCLERからMatthew Williamsが手掛けた『6 MONCLER 1017 ALYX 9SM』コレクションがローンチ

MONCLERからMatthew Williamsが手掛けた『6 モンクレール 1017 アリックス 9SM』コレクションがローンチ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。