般若の長編ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』が12月に公開

東京・三軒茶屋を拠点に日本語によるラップにこだわり、その独特なリリックでヒップホップシーンだけでなく支持を集める般若の、長編ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』が12/25(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

般若の活動の背景にはこれまで多く語られなかった壮絶な過去があった。いじめ経験、音楽との出会いとジレンマ、自殺をも考えた時など、どん底から拾い上げた言葉は多くのファンを魅了し続け、ついに武道館ワンマンライブを成功させた。

解禁となったキービジュアルは、般若がマイクを片手に武道館に臨むもので、劇中で紡ぐ言葉の重みを感じさせるポスターとなっている。

Info

『その男、東京につき』
出演:般若
Zeebra AI t-Ace R-指定(Creepy Nuts) T-Pablow (BAD HOP) BAKU  長渕 剛(特別友情出演)
監督・編集:岡島龍介  エグゼプティブプロデューサー:福井靖典 松本俊一郎  撮影監督:手嶋悠貴 
製作:A+E Networks Japan  制作:A+E Creative Partners  協力:昭和レコード 
配給:REGENTS  配給協力:エイベックス・ピクチャーズ
©️2020 A+E Networks Japan G.K. All Rights Reserved 
12/25(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
http://hannyamovie.jp/

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。