adidas by HYKE FW20が発表 | 90年代のアウトドアラインをインスピレーションに

3年ぶりとなるadidasとHYKEのコラボレーションが、SSシーズンに続きFWシーズンも公開となった。

このコレクションでは1990年代に日本で人気を博したアウトドアライン「adidas ADVENTURE」シリーズのアーカイブをインスピレーションに、HYKEの個性を重ねてデザインを行っている。

AH-002 FL
(FY3942) 自店販売価格 ¥25,000 +税

AH-003 SANDAL (FY3949) 自店販売価格 ¥20,000 +税

フットウェアはXTAとSEEULATERのシルエットをベースに4種類を展開。1996年にadidas Equipmentラインの一部として登場したEQT XTRをベースに再構築したXTAは、最新のテクノロジーとadidasのアウトドア製品の最先端を表現していた。そのシルエットにフリーロック社のダイヤルクロージャーシステムを採用し、1mmまでのフィット調整を可能にしたミッドカットモデルAH-002 XTA FLと、甲部分にフィデロック社のマグネットバックルクロージャーシステムを採用したローカットモデルAH-003 XTA SANDAL」 (ボア素材のセカンドソックライナー付属)の2タイプをラインナップした。

AH-004 SEEULATER GTX (FY6855) 自店販売価格 ¥28,000 +税

AH-005 HI SEEULATER GTX (FY6857) 自店販売価格 ¥30,000 +税

adidas Originals by HYKE 2016 FWに合わせ制作したAOH-010とAOH-010 Hiをゴアテックスファブリック使用してアップデートしたAH-004 SEEULATER GTX、AH-005 HI SEEULATER GTXとしてリリースした。95年にトレイルランニングシューズとして発表されたSEEULATERは荒れた地形に対応したヘビーデューティーなソールトレッドや、水や小石を寄せつけない靴下のようなアッパーなど、記憶に残る特徴を持っている。

PULLOVER HYKE (GP3038) 自店販売価格 ¥33,000 +税

BOLERO HYKE (GP3036) 自店販売価格 ¥36,000 +税

WRAP SKIRT HYKE (GP3042)
自店販売価格
¥45,000 +税

アパレルコレクションには、フットウェアに合わせたカラー展開の ポンチョ、ボレロ、プルオーバー、プリーツスカート、タイツをラインナップ。ポンチョとボレロは、HYKEのReady-to-Wearコレクションのアイコニックなシルエットを踏襲し、アディダスのアウトドア製品のアーカイブからインスパイアされた3レイヤーの生地を使用。ラップスカートはプリーツ加工を施したスポーティなポリエステル生地を使用。プルオーバーとタイツは新色とグラフィックでアップデートした。

このコレクションは11/25(水)の12時に日本先行発売される。

Info

アディダス アプリ
アディダス オンラインショップ 

MITSUKOSHI ISETAN ONLINESTORE

アディダスお客様窓口 Tel:0570-033-033 (土日祝除く、9:30~18:00)

related

NIKEとG-DRAGONのコラボを記念してGR8でG-DRAGONとのコラボレーションブックが限定発売

NIKEとG-DRAGONのコラボレーションとなるスニーカー『ナイキ エア フォース 1 パラノイズ』の応募抽選が、昨日より原宿のセレクトショップGR8でスタート。

Vault by VansがLQQK Studioと再びコラボレーション

世界中の先進的で常識にとらわれないファッションブランドとのコラボレーションを模索するVault by Vansが、2018年以来2回目となるNYのスクリーンプリントとデザイン集団であるLQQK Studioコラボレーションを発表した。

CONVERSE SKATEBOARDINGからスタイリッシュなチャッカパターンを採用したBS2 SK OXが登場

CONVERSE SKATEBOARDINGから、スケートシューズならではのスタイリッシュなチャッカパターンを採用したモデルBS2 SK OXが登場。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。