Dickies × HELLRAZOR For BEAMS Tのコラボレーションアイテムが発売

ストリートのさらなる可能性を模索し続けるBEAMS Tの呼びかけにより、 ワークウェアの象徴Dickiesと、東京に拠点を置きながら海外まで活動を広げるスケートアパレルブランドHELLRAZORのコラボレーションが、11月13日(金)よりBEAMS T展開店舗および BEAMS 公式オンラインショップ、HELLRAZORオンラインショップにて発売される。

デザイナー兼ディレクターのTSUMIが手がけるHELLRAZORは、一昨年12月に PALACE SKATEBOADSのライダー、Shawn PowersのアートショーをBEAMS T原宿で主宰。NBAスターのCarmelo Anthonyも着用するなど、そ の知名度と人気は上昇の一途を辿っている。

今回のコラボレーションでは、Dickiesのタフなオリジナル生地をベースにした 3 ピースのセットアップを製作。テーマに「LEGACY」を掲げ、樹木の年輪をイメージしたオリジナルのジャガード織の生地でDickiesの長い歴史にトリビュートを捧げています。 パンツは定番の「874」に小粋なマイナーチェンジを施し、股下にガゼットクロッチを採用して機能性を向上。

Jacket Color:Black Size:M, L, XL Price:¥25,000(+tax)

Vest
Color:Black Size:M, L
Price:¥17,500(+tax)

Pants
Color:Black Size:M, L, XL Price:¥16,500(+tax)

また、対をなすスウィングトップとベストはDickiesのインラインには存在しない、型から製作した意欲作。男らしいブラックの生地にHELLRAZORとDickiesのロゴが映える仕上がりに。

さらに、今回のリミテッドアイテム発表 にともない、HELLRAZORからトータルコーディネートを完成させるフーディーとヘンリーネックのサーマルがエクスクルーシブモデルとして登場。Dickiesコラボのアイテムは、 オールシーズンでの着用を想定してサイズスペックを絶妙なバランスに調整にしているので、あ わせて着用すれば着こなしの幅がより広がる。ワードローブの新定番にいかがだろうか。

Emblem Hoodie
Color:Grey
Size:M, L, XL Price:¥20,000(+tax)
Waffle Henly Neck Color:Black, Grey Size:M, L, XL Price:¥13,000(+tax)

related

SHINKNOWNSUKEの個展『Dots Per Inch』がBEAMS Tにて開催

SHINKNOWNSUKEのソロエキシビション 『Dots Per Inch』が、3月11日(金)よりビームス T 原宿にて開催される。 東京在住のグラフィックデザイナー / アーティストのSHINKNOWNSUKE。混沌している世の中で、常に行き交っている情報精度を「D.P.I(解像度=D...

BEAMS Tの20周年企画でAURALEE、JAZZY SPORT、MIN-NANO、WHIMSY SOCKSなど12組のブランドとコラボ|リリースイベントにはBudaMunkが登場

2001年に「ART FOR EVERYDAY」をテーマに掲げ誕生したTシャツ専門のレーベル BEAMS Tがで20周年を迎える。アニバーサリー企画第2弾として、BEAMS Tと所縁のある12組のブランドとのコラボレーションアイテムが発売となる。 AURALEE × BEAMS T Swea...

RAMIDUS × Diaspora skateboards × BEAMS Tがトリプルコラボ|モデルにC.O.S.A.が登場

バッグブランドRAMIDUSと、東京発のスケートボードレーベルDiaspora skateboardsとのトリプルコラボレーションが、BEAMS Tの呼びかけにより実現。 「Day adjustment」と題し、1日の生活においての様々な天候・気温変化や荷物の多さなど、あらゆるシチ...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。