七尾旅人による対コロナ支援配信『LIFE HOUSE』のリアルイベント『LIFE HOUSE x LIVE HOUSE』が渋谷WWWのアニバーサリー特別公演として開催|マヒトゥ・ザ・ピーポーがゲスト出演

七尾旅人が、オンライン上の架空のライブベニューをイメージし様々なゲストを遠隔で繋ぎ開催してきた対コロナ支援配信『LIFE HOUSE』が、舞台をリアルのライブハウスに移し、10周年を迎えた渋谷WWWのアニバーサリー特別公演『LIFE HOUSE x LIVE HOUSE』として11月29日(日)に開催される。

『LIFE HOUSE』は七尾旅人がゲストと丁寧に紡ぐ対話と音楽を届け、4月のスタート以来既に17回を数えるシリーズとなっている配信。

また渋谷WWWは2010年のオープン時に七尾旅人がオープニングソングを手がけ、エクストリームなセッションの数々で話題を呼んだ百人組手、動物や昆虫まで出演した異形のオペラ作品『VOICE』公演、そして開店5周年の2015年には後に映像作品化されたスペシャルワンマン『兵士A』が行われた。現在は他の多くのライブハウス同様、数ヶ月の休業期間を経て、ガイドラインのもとで慎重に動員公演を再開している。

この日は、これまでの10年間の節目節目で共に記憶を刻んできた場所から、時代の声なき声を表現する七尾旅人が2020年の「いま」を届ける一夜となる。

またゲストとしてGEZANのフロントマンであり全感覚祭を主宰、恵比寿LIQUIDROOM屋上での「十三月農園」のスタートや、緊急事態宣言解除直後に撮影を行った豊田利晃監督『破壊の日』への出演など、コロナ禍においてさらに精力的に、この時を鮮やかに刻み付けるように縦横無尽な活動を続けるマヒトゥ・ザ・ピーポーが出演。

公演の模様はこれまでの『LIFE HOUSE』同様、七尾旅人のYoutubeチャンネルから投げ銭形式の配信を実施し、収益は七尾旅人、ゲストのマヒトゥ・ザ・ピーポー、渋谷WWW、3者それぞれの判断でコロナ禍のなか困窮する誰か、また格闘する誰かへの支援に使用される。システムの詳細などは追って発表となる。

変化してゆく状況の中で「いま」を届ける『LIFE HOUSE x LIVE HOUSE』を是非とも目撃して欲しい。

4月から続けてきた「対コロナ支援配信LIFE HOUSE」を観てくださっていた渋谷WWWからお誘い頂き、新しいイベントをやることになりました。

LIFE HOUSE x LIVE HOUSE

パンデミックのなかで生まれた架空のライブベニューであるLIFE HOUSE(ライフ・ハウス)を実店舗に、ライブハウスに持ち込んでしまおうという企画です。

ゲストには信頼するマヒトゥ・ザ・ピーポーを誘いました。

思索と行動の両面を重視しながら独自の対抗文化を想像していくマヒトに共感があります。

今回は彼と交互に1曲ずつ歌ったり、会話したりしながら、進めます。

最後、どんな光景にたどり着くんだろう?

これまで7ヶ月間、リモート配信でさまざまな方と対話を続けてきたけれど、今回は同じひとつのステージで、同じ画面のなかで、マヒトと歌を交わせたらと思う。

楽しみです。

まるで「感染の温床」のような負のイメージを刷り込まれながらも、全国のライブベニューが取り組み続けてきた細やかな努力はすごいものでした。

その結果、日本では9月後半にようやくキャパ50%のお客さんを入れられるようになりましたが、欧州など世界各地でまだまだ混乱が広がっていて、ドイツは11月2日付けで再び都市封鎖されています。

これから冬を迎えて状況がどう動くか、けして楽観は出来ないけれど、困難は必ず新たな輝きを、種子を生みます。つらいニュースが絶えなかったこの数ヶ月で「音楽は不滅だな」と、内心ますますそんな確信を深めてもきました。

今のこの瞬間にやれることを大切にしながら、音楽の夢の続きを思い描いていくつもりです。

この機会を逃すとまたしばらく演れなくなることかもしれないので、よかったらぜひ遊びに来てください。

ライブハウスで会おう。

多少距離があっても互いに顔が見れたら嬉しいなと思います。

でもけして無理はしないでね。

普段のLIFE HOUSEと同じように、配信も準備します。

七尾旅人

Info

WWW 10th Anniversary

LIFE HOUSE x LIVE HOUSE

日程:2020年11月29日(日)

会場:渋谷 WWW https://www-shibuya.jp/

出演:七尾旅人 / ゲスト:マヒトゥ・ザ・ピーポー

時間:OPEN 18:00 / START19:00

料金:前売¥4,500(税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング)

チケット:

 <先行受付>

 受付期間:11月7日(土)12:00~11月11日(水)23:59 ※先着

 受付URL:https://eplus.jp/tavito-www/

 <一般発売>11月14日(土)10:00~ @ e+

問い合せ:WWW 03-5458-7685

公演詳細ページ:https://www-shibuya.jp/schedule/013370.php(※情報解禁後公開いたします)

【配信URL】

七尾旅人 Youtube チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UChsvnAdu9Kx5lMN0dmTOdJQ

------------------

※本公演は「ライブハウス・ライブホールにおける 新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づいた新型コロナウィルス対策を講じ開催します。今後、感染状況の変化やガイドラインの改定により、内容に変更が生じる可能性があります。

WWW HPにて「新型コロナウィルス感染拡大予防に関する注意事項」を必ずご確認いただき、ご同意の上でチケットのご購入とご来場をお願いいたします。

https://www-shibuya.jp/schedule/013370.php

related

GEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーが初のエッセイ集『ひかりぼっち』を刊行

GEZANのフロントマンであり自主レーベル・十三月の運営、フリーフェス『全感覚祭』の主催や映画出演など、ボーダーレスな活動で注目を集めるマヒトゥ・ザ・ピーポーが初のエッセイ集『ひかりぼっち』を、11/17(火)に刊行する。

注目のフェス『Unsound』のバーチャル版で日本のアンダーグラウンドに焦点を当てたフェス『MAZEUM』のショーケースが配信|Killer-Bong、マヒトゥ・ザ・ピーポー、小林うてななどが出演

2018年に京都で開始された、日本のアンダーグラウンド音楽シーンの最もカッティングエッジな音楽とアートに焦点を当てるフェス『MAZEUM』が、世界的に注目を集めるポーランドの進歩的フェスティバル『Unsound』の10月1〜11日に渡って開催される2020年バーチャル版『Intermission』に参加することが決定した。

ストリートカルチャーマガジン『DAWN』がコロナ禍の特別号を発売 | Mars89、マヒトゥ・ザ・ピーポーなども登場し、Seihoや、佐久間裕美子、荏開津広も寄稿

インディペンデントのストリートカルチャーマガジンとして、昨年11月に発刊し即完売となった『DAWN』が『DAWN N°1.5 Survival Issue』を8/22(土)に発売する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。