Kanye Westがアメリカ大統領選挙で約60,000票を獲得 | 次回の出馬にも意欲を示す

大統領選の集計が行われ、トランプ現大統領の続投か、バイデン候補の当選かで揺れ動く現在のアメリカ。バイデン優位の郵便投票を「不正である」と主張するトランプが集計を打ち切るよう最高裁に申し立てを行う方針を示すなど異例の事態が続く中、一部の州において大統領選に出馬していたKanye Westの得票数が明らかになった。

XXLによると、「Birthday Party」として大統領選に出馬したKanyeは、投票用紙に名前を載せることが出来た12の州にて合計57396票を獲得した。各州ごとの内訳はコロラド州で約6000票、バーモント州で1200票、アーカンサス州で3979票、アイダホ州で2309票、アイオワ州で3179票、ケンタッキー州で6259票、ルイジアナ州で4837票、ミネソタ州で6796票、ミシシッピ州で3009票、オクラホマ州で5587票、テネシー州で10188票、そしてユタ州で4053票となっている。

また彼は昨日自身のTwitterにて「今日、俺は人生で初めてアメリカの大統領選に投票したよ。俺が真に信頼している人物……俺にだ」とツイートし、人生初めての投票を自身に入れたことを明かしている。大統領選への初めての投票で自分自身に入れた者は、これまでの歴史を遡ってもそう沢山はいないだろう。

トランプ現大統領とバイデン候補の票が拮抗しつつも徐々にバイデンが優位な方向に傾きつつある現在、いよいよ当選の可能性は無くなってしまったKanyeだが、彼は2024年の大統領選に改めて出馬する意志を固め、着々と動き出しているようだ。

一切の予断を許さない今回の大統領選、果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。そして、4年後に向けたKanyeの動きにも注目である。

related

Kanye Westが離婚に伴う引越しで約1トンにも及ぶスニーカーコレクションを移動させるとの報道|「Sunday Service」スタッフへのギャラの未払いで訴訟も

進学や就職、あるいはパートナーとの別れといった人生の転機と共に、引越しを行った経験のある方も多いだろう。しかし、そんな時に厄介なのが荷物の移動だ。中でも洋服やスニーカーを集めている方はパッキングや移動に骨を折ることとなるが、ファッションを牽引する存在であるKanye Westは、やはり桁違いの苦労を抱えているようだ。

adidasとKanye Westのコラボから人気モデル『YEEZY BOOST 350 V2』が再登場

adidasとKanye Westのコラボレーションから、人気モデル『YEEZY BOOST 350 V2 Core Black/ Core Black/ Red』が抽選販売で再登場する。

2 Chainzの新作をKanye Westが全曲プロデュースする予定であったことが明らかに

来週金曜日にニューアルバム『So Help Me God』をリリース予定の2 Chainz。そんな彼が、Kanye Westとアルバムを制作するプロジェクトを始動させていたことを明かした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。