Kanye Westが自身初となる大統領選の集会を開くも物議を醸す結果に|奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの功績を否定し非難を浴びる

様々な批判や騒動を巻き起こしながら、紆余曲折を経て正式に大統領候補となったKanye West。そんな彼が立候補後初となる集会を開いたが、そこでの発言がまたもや物議を醸している。

XXLによると、Kanye Westは昨日日曜日にサウスカロライナ州ノースチャールストンのExquis Event Centerにて大統領戦に向けた自身初の集会を開催。多くの聴衆や記者が会場に詰めかけたが、そこで彼は再び人工妊娠中絶に反対する意志を表明したほか、反ポルノを主張し、また奴隷解放運動に大きな役割を果たした活動家ハリエット・タブマンの功績を否定するような発言を行った。

以前Forbesのインタビューに応えた際にも反人工妊娠中絶の立場を表明し批判を受けた彼は、今回の演説では自身が父親の意思によって中絶される可能性があったものの、母親によって命を守られたというエピソードを涙ながらに語っている。

反人工妊娠中絶は女性の意思決定、個々の事情、人権を無視した考え方であるが、このような批判を受けることを想定したKanyeは「中絶は合法のままとするが、母親となる人々全てに100万ドルを支給する経済支援を行うべき」とのアイデアを表明している。

また、「ハリエット・タブマンが本当の意味で奴隷を解放することはなかった。彼女はただ、彼らを別の白人のもとで働かせただけだ」と発言した際、会場の聴衆の間で徐々にどよめきが広がっていく様子を確認することが出来る。当然ながらこの発言は、SNSや各メディアから多くの批判を集めることとなった。

Kanyeの選挙集会はこれらの発言が物議を醸しただけでなく、具体的な政策などが殆ど述べられなかったことも批判を受ける要因となっている。演説の最中は彼が聴衆に発言を促す場面が目立ち、彼自身の口からマニフェストや提言等がなされることは少なかったようだ。

今回の立候補に伴いKanyeが掲げる思想はいわゆる福音派、キリスト教右派の思想と近いところにあるため、本来トランプ大統領の支持層である彼らがKanyeに投票することでトランプ側の票が割れるのではないか、との予測もなされている。しかし選挙活動を含む彼の動きが今後どう展開するかは読めない部分が多いため、ファンにとっては心配な状態であると言えるだろう。

またKanyeは7月24日にニューアルバム『DONDA』をリリース予定であるとツイート(現在は削除)していたが、そちらの内容も気になるところだ。

related

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

Kanye Westが大統領選出馬のための書類を提出し正式にオクラホマ州で大統領候補に登録

先日、新党「The Birthday Party」を立ち上げ今年の大統領選への出馬を宣言したKanye West。Forbesのインタビューにて人工妊娠中絶とワクチンの撤廃を呼びかけ非難を浴び、また手続きの都合で今年の出馬は取りやめとなることが報じられたが、なんとその後書類を提出しオクラホマ州の正式な大統領候補となった。

Kanye Westが今年の大統領選出馬を取りやめたとの報道がなされる

先日、新党「The Birthday Party」を立ち上げ今年の大統領選への出馬を大々的に宣言し話題を呼んだKanye West。それに伴うForbes誌のインタビューにて反人工妊娠中絶、反ワクチンの思想を語ったことも物議を醸したが、そんな彼が大統領選出馬を早々に取りやめたことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。