Kanye Westが大統領選出馬のための書類を提出し正式にオクラホマ州で大統領候補に登録

先日、新党「The Birthday Party」を立ち上げ今年の大統領選への出馬を宣言したKanye West。Forbesのインタビューにて人工妊娠中絶とワクチンの撤廃を呼びかけ非難を浴び、また手続きの都合で今年の出馬は取りやめとなることが報じられたが、なんとその後書類を提出しオクラホマ州で大統領候補に正式に登録した。

XXLによると、オクラホマ州の選挙管理委員会が「インでペンデントの大統領候補者Kanye Westがオクラホマ州の総選挙投票用紙への立候補資格を得ました」とツイート。

Kanye側の代理人は35000ドルの手数料を支払い立候補に必要な書類となる「Statement of Candidacy(候補者表明)」を提出。こちらが提出されたということは、彼が選挙運動のために5000ドル以上の資金を集めたことを意味している。

またKanyeのチームは昨日もアメリカの選挙委員会に立候補に必須となる最初の書類「Statement of Organization(組織的表明)」を提出したことが報じられ、彼らの政党名を以前報じられた「The Birthday Party」の略である「BDY」として提出したとのこと。

以前彼の大統領選出馬が取りやめになったと報じられた際にはフロリダ州の立候補期限に署名、資金集めが間に合わない見込みであるとされていたが、そこからわずか数日でオクラホマ州からの立候補を実現するスピード感は驚異的であると言って良い。

Kanyeの政治活動はテスラのCEOであるElon Muskが後押ししていると言われているが、Elon Muskは支持を再考しているようだ。ただChance The RapperやYGなどラッパーの中にも支持を表明する者が現れつつある。

もちろん彼が実際に大統領となる可能性が高いとは言えないが、彼の選挙運動が今後どのように展開してゆくか注目すべきだろう。

related

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

Kanye Westが自身初となる大統領選の集会を開くも物議を醸す結果に|奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの功績を否定し非難を浴びる

様々な批判や騒動を巻き起こしながら、紆余曲折を経て正式に大統領候補となったKanye West。そんな彼が立候補後初となる集会を開いたが、そこでの発言がまたもや物議を醸している。

Kanye Westが今年の大統領選出馬を取りやめたとの報道がなされる

先日、新党「The Birthday Party」を立ち上げ今年の大統領選への出馬を大々的に宣言し話題を呼んだKanye West。それに伴うForbes誌のインタビューにて反人工妊娠中絶、反ワクチンの思想を語ったことも物議を醸したが、そんな彼が大統領選出馬を早々に取りやめたことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。