アフロフューチャリズムのきっかけを作ったサン・ラーが脚本、音楽、主演を務めた映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』が日本初公開

アヴァンギャルド・フリージャズシーンの重要人物で、後世のアフロフューチャリズムのきっかけを作った1人であるサン・ラーが、脚本、音楽、主演を務めた映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』が、2021年の1月29日(金)から日本初公開されることになった。

1993年に地球を去ったサン・ラーは、1960年代後半から70年代初頭にかけて、カリフォルニア大学バークレー校で「宇宙の黒人」という講義を行っていたところを、サンフランシスコでアヴァンギャルド・アートを展開していたDILEXIのプロデューサー、ジム・ニューマンの目に留まり実現したのがこの映画。

内容の一部は「宇宙の黒人」をベースとしており、サン・ラーの音楽を地球を超えた新しい未来へ人々を導く原動力とし、宇宙探査とその音楽を通して黒人文化 の救済を描くものだ。約半世紀を経た今でも類似作品は存在しないと言われるほどのオリジナリティと強度を持った本作は、地球上に残されていた唯一の35mmプリントからスキャン、史上初めてオリジナルの画面サイズであるスタンダード サイズ(1:1.33)で作られたデジタル素材で上映。海外では過去に約64分の<サン・ラー編集版>と呼ばれるバージョンがVHSで出回っていたが、本上映はオリジナルの81分のバージョンである。

地球は音楽なしでは動けない。地球は一定のリズム、サウンド、旋律で動く。 音楽が止まれば、地球も止まり、地球上にあるものはすべて死ぬ。 -サン・ラー

Info

『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』
監督:ジョン・コニー 脚本:ジョシュア・スミス、サン・ラー
製作:ジム・ニューマン 撮影:セス・ヒル、パット・ライリー
音楽:サン・ラー 音:ロバート・グレイヴノア、デヴィッド・マクミラン、アーサー・ロチェスター、ケン・ヘラー
編集:バーバラ・ポクラス、フランク・ナメイ
出演:サン・ラー、レイ・ジョンソン、クリストファー・ブルックス、バーバラ・デロニー、
エリカ・レダー、ジョン・ベイリー、クラレンス・ブリュワー
1974年|アメリカ映画|81分|スタンダードサイズ|モノラル|北アメリカ恒星系プロダクション作品
原題:SPACE IS THE PLACE(宇宙こそ我が故郷)
キングレコード提供 ビーズインターナショナル配給
© A North American Star System Production / Rapid Eye Movies

2021年1月29日(金)より、アップリンク吉祥寺・新宿シネマカリテほか順次公開
HTTP://SUNRA.JP

related

般若の長編ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』が12月に公開

􏰔􏰧􏱧􏱨􏱩􏱪􏱫東京・三軒茶屋を拠点に􏰮􏰰􏲇􏰇􏰂􏲆􏱺􏱻􏲈􏰇􏱇􏱠􏲉􏰃􏰮􏰮􏰰􏲇􏰇􏰂􏲆􏱺􏱻􏲈􏰇􏱇􏱠􏲉􏰃􏰮􏰰􏲇􏰇􏰂􏲆􏱺􏱻􏲈􏰇􏱇􏱠􏲉􏰃􏰮􏰰􏲇􏰇􏰂􏲆􏱺􏱻􏲈􏰇􏱇􏱠􏲉􏰃、日本語によるラップにこだわり、その独特なリリックでヒップホップシーンだけでなく支持を集める般若の、長編ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』が12/25(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

『mid90s ミッドナインティーズ』が国内でも大ヒットで公開劇場が拡大 | メイキング映像も解禁

ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』が、メイン館である渋谷シネクイントや新宿ピカデリーではでは満席回が続出となり、大ヒットとなっている。興行収入は5,500万円となり9/25(金)から全国38館に拡大公開が決定した。

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。