Levi’s®とPORTERが吉田カバン創業85周年を記念したコラボレーションモデルを発売

Levi’s®とPORTER が吉田カバンの創業85周年を記念し、コラボレーションモデルのトラッカージャケットを11月2日より限定発売する。

今回のモデルのメインの素材には、PORTERブランドの代名詞「TANKER」の素材を採用。1990年代後期に高感度なクリエイターや著名人が発端となり裏原宿を中心にしたファッションムーブメントが席巻し、Levi’s®のヴィンテージデニムブームと相まって原宿の顔となったLevi’s®とPORTER は、ストリートカルチャーの枠を超え現在も幅広い層の間で不動の地位を築いている。

1983 年発表の「TANKER」は米国空軍のフライトジャケットMA-1をモチ ーフにしたオリジナル生地を使ったシリーズで、今ではPORTERブランドの代名詞と言 えるシリーズ。MA-1のモチーフは表面的なデザインだけではなく細部にまでこだわったディテールに落とし込まれており、生地表面のセージグリーンとブラックの裏面の鮮やかなレスキューオレンジが特徴的だ。

今回Levi’s®とPORTERがコラボレーションするにあたり、近年人気が再燃しているLevi’s® TypeIITrucker Jacketに「TANKER」のテキスタイルを乗せて、セージグリーンとブラックの 2 色が展開。「TANKER」ならではのボンディング加工が施されたナイロンツイル生地と裏地のレスキューオレンジは、コーディネートのアクセントとして重要な役割を持つ。

Type IITrucker Jacketを象徴する二つの胸ポケットのうち、今回のコラボレーションでは右のポケット部分に取 り外し可能なミニポーチが配され、付属のストラップをつければショルダーバッグとしても使用することができる。ポーチは PORTERらしいマチ付きのフロントポケット や、内装にもポケットを設け、前ボタンには Levi’s®とPORTERの両ブランド名が記された、今回の企画用にオリジナルで制作されたスナップボタンを採用している。

またジャケットは胸ポケットに加えサイドポケットを備えることで、抜群の収納力を叶えた。実用性、そして機能美を兼ね備えた、まさに両ブランドのファン垂涎のアイテムとなる。

Info

コレクション詳細

色展開:2色(ブラック / セージグリーン) サイズ展開:4 サイズ(S / M / L / XL) 価格: ¥ 49,000(税抜)page2image10116624

取り扱い店舗
< 10月23日(金)発売>
PORTER OMOTESANDO 03-5464-1766
吉田カバン オフィシャルオンラインストア ( https://www.yoshidakaban.com/onlinestore.html )

< 11月2日(月)発売>
リーバイス® 原宿 フラッグシップストア 03-6427-6107
リーバイス®ストア 大阪 06-6241-8134
リーバイス® オンラインストア (https://www.levi.jp/men/collection/Men-PORTER)

related

LEVI’S®×BEAMSのコラボレーション第2弾『HALF & HALF COLLECTION』が発売

LEVI’S®とBEAMSが再びコラボレートしたカプセルコレクション第2弾『HALF & HALF COLLECTION』が5/21(木)より発売される。

Levi's®がInstagram Liveでアーティストが登場する企画『5:01® LIVE』をスタート

外出禁止令が布かれているカリフォルニア州に本拠地を置くLevi's®が、Instagram Liveでブランドと関係の深いアーティストが登場する企画『5:01® LIVE』をスタートした。

TOGAとPORTERのコラボコレクション第二弾が発売

昨年の第一弾の発表時は一週間で完売し大きな話題となったTOGAとPORTERによるコラボコレクション第二弾が3/20(金)に発売となる。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。