Kid CudiがTravis Scottとの制作から影響を受け「アップテンポな曲を作りたくなった」と語る

今年の4月、Travis Scottとのコラボプロジェクトとしてリリースされた“THE SCOTTS”が全米シングルチャートで1位となるなど大きな話題となったKid Cudi。そんな彼が、Travis Scottが自身に与えた影響について語っている。

Geniusによると、Esquireのインタビューに応えたKid CudiはTravis Scottとのコラボについて「Travisと曲を作るときは、ちょっと緊張していたんだ。彼は俺のことをとても尊敬しているし、もし俺が失敗したらどうしようって」と、自身を強くリスペクトしているTravisとの制作は緊張感を伴うものであったことを明かしている。

またTHE SCOTTSとしての楽曲作りはKid Cudi個人としての制作にも影響を与えたようで、「ビートを上げて、BPMを速くして、パーティを始めよう、って。俺は今そういう感じだよ。今まではミッドテンポかスロウな曲ばかり作ってきたけれど、今はビートを上げていくことが全てなんだ」と語った。どうやらTravisのアッパーなスタイルがKid Cudiの音楽的な趣向を強くインスパイアしたようだ。

Kid Cudiのキャリアとして初のナンバーワンヒットとなった“THE SCOTTS”。その経験については「ファミリーと一緒に仕事をするんじゃない限り、俺にとっては何も得られない。Travisとの曲で初めての1位を獲ったってことに一番の意味があるんだ。他の人とじゃダメなんだ。Travisとの曲だったから良かったんだよ」と、Travisとのコラボ曲が成果を挙げたことに対する喜びを語っている。

Kid Cudiの人柄や制作に対する考え方が伝わるインタビューはこちらから読むことが出来る。

related

Travis ScottがAir Podsを紛失したファンに新品をプレゼントすると発言|多くのファンが欲しい物をねだる結果に

非常にファン思いであることで知られるTravis Scott。そんな彼が、ファンとの交流の一環として起こした行動が珍事を引き起こしてしまった。

Travis Scottがアルコール飲料「Cacti」を発売か

クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』への参加や、Young ThugとM.I.A.をフィーチャーした新曲“FRANCHISE”のリリースが話題を呼んでいるTravis Scott。そんな彼が、新たに自身の飲料のブランドを立ち上げる可能性が報じられている。

Travis Scottとマクドナルドのコラボポスターを店頭で盗むファンが出現|NLE Choppaは「ハンバーガーを置いて、健康な物を食べろよ」と語る

先日より大きな話題を呼び続けているTravis Scottとマクドナルドのコラボ。Tシャツやキャップ、ブランケットといった様々なコラボマーチャンダイズが発売されたほかTravis自身のお気に入りのメニューを集めたセット「Cactus Jack’s Favorites」も発売され、その記念にTravisがカリフォルニアにあるマクドナルドの店舗を訪れたところファンが殺到する事態となった。このように様々な騒動を巻き起こしている今回のコラボだが、依然として珍事が絶えることは無いようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。