Tyler, The Creatorがファンに投票を呼びかけると共に「今回が人生で初めての投票だ」と明かす

いよいよ今年の11月に迫ってきているアメリカ大統領選の投票日。ドナルド・トランプの再選を防げるか否かを左右する今回の大統領選については多くのアーティストが投票を呼びかけているが、そんな中、これまで政治について多くを語って来なかったTyler, The Creatorがファンにメッセージを贈っている。

Complexによると、Tyler, The Creatorは昨日、自身のTwitterとInstagramにて約2分間の動画を投稿。そこで彼は「俺が、君たちがアドバイスを聞くべき人間じゃないってことは分かってるけど、もし君が若くて背中が痛まないなら、頼む、頼むから投票に行ってくれ。俺は君たちと同じように、こんなことには全く興味が無かった。実を言うと、今回が俺の初めての投票なんだ。でも、俺には光が見えてるよ」と、これまで政治に関心が無く投票の経験も無かったことを明かしつつも、自身の若いファンたちに今回の選挙で投票を行うよう呼びかけている。

続けて「君たちの多くは“えーん、僕の投票には意味なんて無いんだよぉ。誰が選ばれてもいいよ”ってなるかもしれないけど、そんな気持ち悪い奴はそのままでいればいい。黒い四角形を投稿して、携帯から抗議して、誰でもキャンセルすればいい」と、ネットで誰かをキャンセルしトレンドに参加する前に、自身に与えられた権利を正当に行使すべきであると主張している。

また、Tylerは今回の選挙において注目している点として教育を挙げており、「俺が注目しているのは、学校にもっとアートや音楽の教育を充実させて、カリキュラムを変えることだ。あいつらは1442年から同じカリキュラムを使っていて、みんなを同じ基準でジャッジしている」と語った。また「俺はいつでも誰とでもファックが出来て、結婚出来るようになって欲しい。そうするためには、どこかから行動を始めないといけないんだ」と、LGBTQの権利を抑圧するトランプを支持しないことを仄かした上で、自身の要望を叶えるためには選挙に行かなければいけないと改めて訴えている。

最後に「投票所に足を運んで投票してくれ。郵送での投票を、奴らは不正だと言い出すかもしれない。暑いかもしれないし、遠いかもしれないけど、絶対に行ってくれ」と、実際の投票所での投票を呼びかけ動画を締めくくった。

Tylerの動画は大きな反響を呼んでおり、Instagramのコメント欄には「必ず投票に行くよ」といったコメントが多く寄せられている。ここ日本ではアーティストが政治への参加を呼びかけることに未だに冷笑的な反応が寄せられることも多いが、ここでのTylerとファンとのコミュニケーションが一つの理想的な形であることは間違いないだろう。

related

Lil Nas XがクィアアーティストとしてのTyler, The CreatorとFrank Oceanからの影響を語る

昨年のLGBTQプライド月間の終わりにカミングアウトを行い、ゲイであることを公言しながら活動を続けているLil Nas X。そんな彼が、新たに公開されたインタビューの中でカミングアウトの際にTyler, The CreatorとFrank Oceanの二人から受けた影響について語っている。

Tyler, The CreatorがInstagramの新しいレイアウトを「このアップデートは馬鹿げている」と批判

我々の生活にとって欠かせないものであるSNSは、しばしばアップデートによってUIやレイアウトを大きく変化させることがある。先日Instagramがアップデートされ様々な機能の配置が入れ替わり賛否両論を呼んだが、Tyler, The Creatorは今回のアップデートを気に入っていないようだ。

Tyler, The Creatorが自身のブランドGOLF le FLEURからオリジナルフレーバーのアイス第二弾を発売

Tyler, The CreatorのファッションブランドGOLFとCONVERSEとのコラボラインGOLF le FLEURから昨年、ホワイトチョコとチョコミントをミックスしたオリジナルフレイバーのアイスクリームが発売され話題を呼んだことを覚えているだろうか?今回、GOLF le FLEURによるアイスの第二弾が発表となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。