MIKIが2ndアルバム『217』を10月にリリース | THE UNDERACHIEVERSのAKTHESAVIORも参加

ビートメイカーのMIKIが10/2(金)に2ndアルバム『217』をリリースする。

アルバムに先駆け9/18(金)からTHE UNDERACHIEVERSのAKTHESAVIORが参加した2曲がリリースとなりミュージックビデオも公開となっている。

アルバムには同じくニューヨークを拠点に活動するLoaf Muzikや前作『137』にも参加しているフィメールラッパーChelsea Rejectをフィーチャーした。客演はThe Backcourtとの共作曲を除き、ニューヨーク・ブルックリンのラッパーのみに絞った。

又、今回、MIKI本人の「ビートが無い、このビートに乗りたいラッパーが居れば、自由に使って欲しい」という意向の下、全楽曲のインストゥルメンタルもボーナストラックとして収録する。全楽曲のミックスはThe Anticipation Illicit Tsuboiが手がけた。

Info

アーティスト名:MIKI

発売日:2020年10月2日(金)

タイトル:217

トラックリスト

1. Ghetto Gospel feat. Loaf Muzik 

2. N*gga Eye Know feat. AKTHESAVIOR

3. Nina feat. AKTHESAVIOR

4. Love Japan feat. Loaf Muzik

5. Like This feat. Chealsea Reject

6. Let U Grow feat. Chealsea Reject

7. I Don’t Know feat. The Backcourt

8. Ghetto Gospel (Instrumental)

9. N*gga Eye Know  (Instrumental)

10. Nina  (Instrumental)

11. Love Japan (Instrumental)

12. Like This (Instrumental)

13. Let U Grow (Instrumental)

14. I Don’t Know (Instrumental)

Produced by MIKI

Mix: The Anticipation Illicit Tsuboi

Mastering: Rick Essig

アルバム「217」https://music.apple.com/jp/album/217/1530797247

先行シングル:

タイトル:「Eye Know feat. AKTHESAVIOR」

https://linkco.re/brcEDcN0

タイトル:「Nina feat. AKTHESAVIOR」

https://linkco.re/21aFc6zR

related

MIKIが2年ぶりとなる2ndアルバム『217』をリリース|収録曲“I Don’t Know”のリリックビデオも公開

ヒップホップのビートメイカー、トラックメイカーとして活動するクルーMIKIが、10月2日に2ndアルバム『217』をリリース。それに併せて収録曲“I Don’t know feat. The Backcourt”のリリックビデオも公開となった。

"Summertime"のKANDYTOWNのMIKIとMELRAWによるリミックスが配信決定

資生堂「アネッサ」CMソングで話題のRIRI、KEIJU、小袋成彬のコラボ楽曲 “Summertime”の、KANDYTOWNのMIKIとマルチインストゥルメンタリスト安藤康平のソロプロジェクトMELRAWによる共同リミックスが8月30日(金)に配信される。

KANDYTOWNのMIKIの1stソロアルバムから"Breath"と"You Want Me"の2曲を収録した7インチがリリース

今の東京を代表するヒップホップクルー、KANDYTOWNのビートメーカー/プロデューサーMIKIが2018年4月にリリースされた1stソロ・アルバムから、"Breath ft. BES & 仙人掌"と"You Want Me ft. B.D., Febb & Nipps”の2曲をカップリングで7インチ・リリースをすることが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。