折坂悠太、松井文、夜久一によるレーベル&ユニット「のろしレコード」による2ndアルバムが完全版としてアナログ化が決定

折坂悠太、松井文、夜久一によるレーベル&ユニット「のろしレコード」が、昨年発売したアルバム『OOPTH』のアナログ盤が9/9(水)にリリースされる。

2枚目のアルバム『OOPTH』は昨年10月にCDがリリースされた作品。YouTubeでミュージックビデオが公開されている"コールドスリープ"のほか、CD未収録曲である"Tennessee Blues"、"旗"、さらに本作のために再録した表題曲"OOPTH"が収録された完全版となっている。

レコーディングメンバーは、CDと同様、あだち麗三郎(Dr)、ハラナツコ(Acc)、宮坂洋生(Cb)の「悪魔のいけにえ」と共に録音された。ミックスはあだち麗三郎、マスタリングは田中三一によるもの。

ジャケットや歌詞カードのデザイン・イラストは、折坂悠太(合奏)のメンバーでもある寺田燿児(Yoji and his ghost band)が新たに書き下ろした。

本日8/25よりのろしレコード公式ウェブショップにて予約販売が開始。商品の配送は9月上旬を予定している。

Info

アーティスト: のろしレコード(松井文、折坂悠太、夜久一)
タイトル: OOPTH
フォーマット : LP
リリース:2020年9月9日
定価:3500円+税
品番:NORO-007
レーベル:のろしレコード

収録曲

SIDE A
01. コールドスリープ
02. チャイナガール
03. さなぎ
04. よるべ
05. Tennessee Blues

 SIDE B
01. 旗
02. 深い河
03. 道
04. ダイジョーブ
05. OOPTH

アナログ盤「OOPTH」予約販売ページ
https://noroshi.thebase.in

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。