今秋公開のスケートボードをキーアイテムとした映画3作品|『mid90s ミッドナインティーズ』、『行き止まりの世界に生まれて』、『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』

この秋、『mid90s ミッドナインティーズ』、『行き止まりの世界に生まれて』が9月4日(金)から、『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』が10月9日(金)からそれぞれ全国公開となる。

『mid90s ミッドナインティーズ』は、『マネーボール』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などに出演した俳優として知られるジョナ・ヒルが初監督を務め、90年代のロサンゼルスを舞台に、シングルマザー家庭に育った13歳の少年が、スケートボードを通してかけがえのない仲間たちと出会い、子どもから大人への扉を開いていく姿を描いた作品。

『行き止まりの世界に生まれて』は、鉄鋼や石炭、自動車といった産業が衰退しアメリカの繁栄から完全に見放された「ラストベルト(錆びついた工業地帯)」に位置し“全米で最もみじめな街”と呼ばれるイリノイ州ロックフォードを舞台に、ビン・リュー監督が10代の頃から撮りためたスケートビデオとともに、そんな閉塞感のある故郷で必死にもがく若者3人の12年間を追ったドキュメンタリー。

そして『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』は、急速な都市開発によって変わりゆくサンフランシスコの街を舞台に、かつて家族と暮らした記憶の宿る美しい家を取り戻そうと奔走する青年の物語で、主人公を実名で演じているジミー・フェイルズの実体験をもとに幼なじみのジョー・タルボット監督がメガホンを執った作品だ。

いずれもアメリカで暮らす等身大の若者たちの姿を切り取った作品で、この3作品に共通して登場するキーアイテムが、スケートボードだ。

『mid90s ミッドナインティーズ』で主演を務めるのは、俳優、そしてプロのスケートボーダーとしても活躍するサニー・スリッチ。また、彼以外にも幼い頃からスケートボードを始め、プロとして活躍するキャストが多数出演しているほか、現役のプロスケーターが出演し披露した華麗なスケートテクニックも収められている。

『行き止まりの世界に生まれて』は、監督のビン・リューと幼なじみであるキア―とザックがそれぞれ貧しく暴力的な家庭から逃れるようにスケートボードにのめり込んでいく姿を捉えており、彼らにとってスケートボード仲間は唯一の居場所であり、もうひとつの家族と呼べる存在として映し出されている。

『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』は、主人公のジミーがいつもスケートボードを持ち歩いており、親友モントとともに、サンフランシスコの特徴的な景観のひとつとも呼べる長い長い坂道を2人乗りで駆けるシーンが印象的に描かれている。そのシーンについては、スケートの街、サンフランシスコで生まれたThrasher Magazineの創設者の息子で現発行人のトニー・ヴィテロ(2002年にスケーターオブザイヤーを受賞)にアドバイスを求めたという。また、本編には同じく2006年にスケーターオブザイヤーを受賞したデーウォン・ソンが主人公の叔母の彼氏役でカメオ出演を果たしている。

どの作品も、自分たちの居場所でアイデンティティを模索する若者たちが熱中するアイテムとしてスケートボードが登場する。それはアメリカのユースカルチャーの代名詞であるとともに、アメリカを紐解く重要な鍵といえるかもしれない。この秋は、「スケートボード」にスポットをあてたこれらの3作品にぜひ注目したい。

Info

『mid90s ミッドナインティーズ』

9月4日(金)新宿ピカデリー、
渋谷ホワイト シネクイントほか全国ロードショー

監督・脚本:ジョナ・ヒル『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『マネーボール』(出演)
製作総指揮:スコット・ロバートソン『レヴェナント:蘇りし者』、アレックスG・スコット『レディ・バード』
製作:イーライ・ブッシュ『レディ・バード』 音楽:トレント・レズナー、アッティカ・ロス
<キャスト>サニー・スリッチ『ルイスと不思議の時計』『聖なる鹿殺し』、キャサリン・ウォーターストン『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』、ルーカス・ヘッジズ『ある少年の告白』『ベン・イズ・バック』、ナケル・スミス

2018年 / アメリカ / 英語 / 85分 / スタンダード / カラー / 5.1ch / PG12 / 日本語字幕:岩辺いずみ / 提供:トランスフォーマー、Filmarks / 配給:トランスフォーマー

『行き止まりの世界に生まれて』

9月4日(金)、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

bitters.co.jp/ikidomari

アメリカ/2018年/93分/1.85 : 1 配給:ビターズ・エンド

© 2018 Minding the Gap LLC. All Rights Reserved. 
9月4日(金)、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』

10月9日(金)より新宿シネマカリテ、シネクイントほかにて全国ロードショー
配給:ファントム・フィルム

©2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.

related

映画『mid90s ミッドナインティーズ』の監督のジョナ・ヒルと出演するナケル・スミスの対談を日本独占公開 | 本編映像も

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、『マネーボール』、『21ジャンプストリート』などの出演で高い評価を受け、またヒップホップやスケートカルチャーへの深い愛と造詣を持つことでも知られるジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』が、9月4日(金)より新宿ピカデリー、 渋谷ホワイト シネクイントなどで全国公開。今回FNMNLでは、同作の本編映像を独占公開する。

映画『mid90s ミッドナインティーズ』公開記念として90年代青春映画の金字塔『KIDS』、『バッファロー’66』の特集上映が決定

2度のオスカーノミネートを果たし『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、『マネーボール』、『21ジャンプストリート』などの出演でも人気の俳優ジョナ・ヒルが初監督を手掛けた『mid90s ミッドナインティーズ』が9月4日に公開)。この度、本作の公開を記念し、タイトルでもある 「90年代」をテーマに「『mid90s ミッドナインティーズ』ムビフェス」の開催が決定した。

ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』の日本公開が決定 | Pharcyde、Wu-Tang Clan、A Tribe Called Questなど90年代の名曲をサントラに使用

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、『マネーボール』、『21ジャンプストリート』などの出演で高い評価を受け、またヒップホップやスケートカルチャーへの深い愛と造詣を持つことでも知られる俳優ジョナ・ヒル。そんな彼の初監督作品である映画『mid90s ミッドナインティーズ』が、9月4日(金)より日本公開されることが決定した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。