BIMが2ndアルバム『Boston Bag』を今月リリース | kZm、KEIJU、高城晶平、Cwondo、No Busesが参加

2月にミニアルバム『NOT BUSY』をリリースし、"Runnin"などがスマッシュヒットしたBIMが、早くも2ndアルバム『Boston Bag』を8/26(水)にリリースする。

満を持して迎えた全国ワンマンツアー『NOT BUSY 2020』が2度の延期を余儀なくされてしまう中で、下を向かずに、むしろプラスにするべく制作されたのが本作『Boston Bag』。全曲Rascalのプロデュースだった前作とは違い、今作ではRascalやAstronoteをはじめ親交を深めているSTUTSやG.RINA、No Buses、そしてNo Busesのメンバー近藤大彗によるソロプロジェクトCwondo、熊井吾郎といった多彩なラインナップがビートを提供している。

客演では盟友のkZmを筆頭にKEIJU、ceroの高城晶平、No Buses、Cwondoが登場。シングル楽曲が集結したようなこのセカンドアルバムは、BIM自身の「きついこともあるけど、今は制作が楽しくて仕方がない」という音楽に対する気持ちの変化が確実に反映された作品となった。

Info

Artist : BIM
Title : "Boston Bag"
Format : Digital
Release Date : 2020/08/28
Label : SUMMIT, Inc.
No. : SMMT-153
詳細 https://www.summit2011.net/bim-boston-bag/

■Track List
1. Get Gas (Hey You Guys) [Prod. by Rascal]
2. Veranda [Prod. by STUTS] *8/19(水)先行配信
3. 三日坊主 [Prod. by Rascal]
4. One Love feat. kZm [Prod. by G.RINA] *8/26(水)先行配信
5. Jealous feat. KEIJU [Prod. by Rascal] *8/21(金)先行配信
6. Cushion [Prod. by Astronote]
7. 想定内 [Prod. by STUTS]
8. Tokyo Motion feat. 高城晶平 [Prod. by STUTS] *8/21(金)先行配信
9.Good Days feat. Cwondo[Prod. by Cwondo]
10. Time Limit  [Prod. by 熊井吾郎]
11. Non Fiction feat. No Buses  [Prod. by No Buses] *8/19(水)先行配信

All Co-Produced by BIM BIM Recorded @ Two Sons Studio (M8 高城晶平 , M11 No Buses Recorded @ ABS RECORDING.)

[M1,3,4,5] Mixed by The Anticipation Illicit Tsuboi @ RDS Toritsudai

[M2,7] Mixed by STUTS

[M8,9,11] Mixed by 小森雅仁

[M10] Mixed by 熊井吾郎

Mastered by Rick Essig @ REM Sound NYC

Photo by Genki Nishikawa(MILD inc.)

Design by TEITO(BoTT)

Arranged by TSUNE(Nozle Graphics)

Styling by Kei Hashimoto(YouthQuake / CarService)

A&R : Ren “Reny” Hirabayashi (SUMMIT,Inc.)

℗© 2020 SUMMIT, Inc.

RELATED

SUMMITからBIMやC.O.S.A.の5作品がレコードで登場

SUMMITから、昨年大きな話題を呼んだレコードの日以来のレコードリリースとしてBIM、C.O.S.A.の最新アルバムが本日4/28(金)に発売となる。

ZEROTOKYOのオープニングシリーズにLEX、Yo-Sea、WILYWNKA、tofubeats、kZm、Boys Noize、Todd Terjeなどが出演

新宿・歌舞伎町に4月にオープンする新たなクラブZEROTOKYOのオープニングシリーズの詳細が発表された。

【インタビュー】kZm 『Pure 1000%』| ピュアな結晶のまま出したかった

2022年11月にEPという形で10曲入り作品集『Pure 1000%』を発表したラッパーのkZm。本作は近年のkZmのテクノやハウス、レイヴ、グランジなど、“非ヒップホップ”な音楽性への接近が顕著に表出した作品だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。