NIKEが大坂なおみやミーガン・ラピノー、レブロン・ジェームズなどが登場する「You Can’t Stop Us」キャンペーンの最新ムービーを公開 | 4000本以上の映像をリサーチして制作

NIKEが現在展開中の「You Can’t Stop Us」キャンペーンのムービー第三弾を公開した。

アメリカ代表のサッカー選手のミーガン・ラピノーがナレーションを務めたこのムービーでも、インスピレーションの源泉としてスポーツをセレブレート。ダイナミックな画面分割で、36組の異なるスポーツのアスリートの同じ身体の動きが展開されているムービーは、4,000本以上の映像をリサーチして作られたもの。世界中のアスリートの共通項を浮き上がらせている。

ミーガン・ラピノー、レブロン・ジェームズ、大坂なおみ、エリウド・キプチョゲ、キャスター・セメンヤ、クリスティアーノ・ロナウド、ヤニス・アデトクンボ、セリーナ・ウィリアムズ、コリン・キャパニック、キリアン・エムバペ、シモーネ・マニュエルなどのエリートアスリートおよび一般アスリートも登場する。

アスリートからのメッセージ:

ミーガン・ラピノー
「プレイヤーはピッチに戻るでしょうが、私たちがかつての日常に戻ることはありません。私たちに求められているのは、この世界がどうなるのか、改めて構想を描き、より良くしていくことです。街中には自分たちの意見を挙げる人たちがおり、そうした意見は人々の耳に届いています。私から皆さんへのお願いは、このような時期を大いに活用し、決してあきらめないで欲しいということです。私は誰もが変化を訴える責任を負っていると信じています。」

大坂なおみ
「私がスポーツが大好きなのは変化の機会を与えてくれるからです。スポーツは私に、人と違っていてもいいということ、そして誰かの枠に自分をあてはめなくてもいいということを教えてくれました。私がコートに出る姿を自分に重ねてテニスラケットを手に取る少女が一人でもいれば、それは私にとって大きな勝利です。」

キリアン・エムバペ「私たちはピッチに戻り、新たな幕開けの準備ができています。今回のキャンペーンに参加できたのをとても誇りに思っています。この数ヶ月間は、強さとは何か、そして皆で一緒に困難を乗り越えて進化していくことの必要性を教えてくれました。」

シモーネ・マニュエル
「スポーツはたくさんの人生の教訓を与えてくれます。水泳の時も、辛いと感じる日もあるし、練習に行きたくないと感じる日もあります。それでもプールサイドに向かい、水に飛び込む。そして自分の目標達成のための努力をするのです。まずそこに行くというのが、勝負の9割を決めます。もし自分の信じることに向かってその場に向かい、努力を続けることができれば、勝利が手に入るはずです。辛い時でも、自分が自分に作ったゴールを達成するために努力を続けることこそが、本当の勝利だと思います。」

「楽な道のりではありませんでしたが、水泳から本当の楽しさと幸せを得られました。水泳がたくさんの道を開いてくれました。だからこそ、私が自分の声と、自分の持つ影響力を生かして、私の後輩たちの道のりを楽なものにしてあげることが大切だと考えています。」

Info

フィルムの情報:
・登場したスポーツの種類:24
・アスリートの人数:53
・リサーチを行なったスポーツの動き:4,000
・フィルムに採用された動き:72

NIKE カスタマーサービス:0120-6453-77
NIKE.COM

related

Nikeが様々な形のスポーツ体験を生み出す新しいデザインコンセプトのパーク『TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT x ART』を豊洲にオープン

Nikeが三井不動産レジデンシャルとの共同で東京・豊洲に新しいコンセプトのスポーツパーク『TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART』を10/10(土)にオープンする。

NIKEが故コービー・ブライアントの功績を称える「マンバウィーク」を展開 | 新作フットウェアも発売

NBAの歴史上に残るスーパースターで、今年悲劇的な飛行機事故により亡くなったコービー・ブライアントの功績を称えて、NIKEが「マンバウィーク」として多くのプログラムやプロダクトを展開する。

大坂なおみとNIKEが遊びとスポーツを通じて若い女性の人生を変えるプログラム『プレー・アカデミー with 大坂なおみ』を設立

大坂なおみとNIKEがローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団と連携して遊びとスポーツを通じて女の子たちの人生を変えるプログラム、『プレー・アカデミー with 大坂なおみ』を設立した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。