kZmによるヴァーチャルライブ『VIRTUAL DISTORTION』はコロナ禍におけるライブとして必見

kZmが先日発表したヴァーチャルライブ『VIRTUAL DISTORTION』が、本日7/31(金)から8/2(日)の3日間限定で、専用アプリ「kZm LIVE by VARP」上で開催される。

既に1000名限定のスペシャルボックスの無料プレゼントも応募者が殺到したため終了し、アプリ自体のダウンロード数もライブ前にも関わらず多くのダウンロードが行われているというこの企画。「誰もやってないことがしたい」というkZmの想いに応えたのは、クリエイティブ集団PARTYだ。「Hip Hopに限らず、ジャンルという枠に囚われていないシーンでも稀有な存在」だとkZmを評価するPARTYの全面的な協力の元、今回のライブは実現。3Dスキャンを使ったkZmを再現したアバターが、本人の動きをモーションキャプチャーして取り込むパフォーマンスする完成間近のバージョンを特別に観ることができたが、そのスムーズなkZmらしい動きは、これまで観たことがないクオリティだった。

またそうしたリアリティの追求と共に、ヴァーチャルならではのポイントもしっかり追求されていた。『DISTORTION』の世界観を表現したフィールドは複数用意されており、それぞれで異なる演出を楽しむことができる。

世界観作りについてPARTYに取材をしたところ「『DISTORTION』の世界を、誰もが自由に動けるヴァーチャルワールドで再現したら…?という視点で世界観を作っています。リアルなライブではありえない演出がVARPでは可能なので、曲ごとのメッセージをキチンと理解して、その「曲」を最大限に楽しんでもらえるワールドや演出を作り込んでいます」と回答があった。今回のライブにおいて一番こだわった点についてはPARTYからは「3Dのヴァーチャル・ワールドではユーザー自身が自由に動けてしまうので、ワールドの隅々まで『kZmらしさ』や『DISTORTION』の世界を落とし込まなければならないので、そこに非常に苦労しました。kZm本人と制作チームのPARTYで直接打ち合わせを重ね、細かい表現まで話し合える距離感で進行できたので、そこまでこだわることが出来ました。」とのことだ。

今回のライブを可能にしたVARPとはPARTYが開発した独自のシステムで、「世界中の人々が仮想空間上のアバターとなって参加し、音楽・ライブ・映画・アート・イベントなど、あらゆるエンターテイメントを一緒に楽しむ=共体験が可能になります。また、3Dスキャン技術を使ったフォトリアルなアバターやモーションキャプチャー技術で、アーティスト自身をリアルに再現もできますし、映像と組み合わせて様々な表現につなげることが可能」というものになっている。

 

もちろん観客の私たちもライブをただ観るだけではなく、自身のアバターを設定して作成された世界の中を自由に動き回ったりしながら楽しむことができ、さらにライブ終了後にはkZmによるレーベルDe-VoidとVERDYのコラボアイテムやYouThQuakeがデザインしたTシャツもアプリ内で購入できるという仕様となっている。

 

BIM、LEX、野田洋次郎などスペシャルなゲスト陣の登場の仕方も気になるところだが、こちらは本番を観るまでの楽しみということにしておこう。コロナ禍において、どのように新しい表現でライブを届けるかの模索が続く中で、日本において1つの指標となりそうな今回のkZmによる『VIRTUAL DISTORTION』は必見だろう。

Info

kZm "VIRTUAL DISTORTION" 開催概要

日時:
7月31日(金) 21:00〜22:00
8月1日(土) 11:00〜12:00/14:00〜15:00/17:00〜18:00/21:00〜22:00 8月2日(日) 11:00〜12:00/14:00〜15:00/17:00〜18:00/21:00〜22:00
※放送プログラムは各回同一となります。
出演者:kZm/野田洋次郎/BIM/LEX/and more
MDデザイン:VERDY/YouthQuake
主催:PARTY/and music
協力:and tokyo
協賛:NIKE
WEBサイト:https://kzm.varp.jp/
利用環境:iOS/Android
参加方法:専用アプリ「kZm LIVE by VARP」をダウンロード
アプリダウンロード:
iOS https://apps.apple.com/jp/app/varp-kzm-virtual-distortion/id1518778588

Android https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.prty.varp.kzm
※kZm VIRTUAL DISTORTIONは専用アプリ「kZm LIVE by VARP」をDLの上、お楽しみください。 ※専用アプリは、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、Androidタブレットでお楽しみいただけます。 ※アプリのDLはWifi環境でのDLを推奨します。 ※LIVEはインターネット環境に接続した状態でお楽しみいただけます。 ※本イベント用アプリは以下の環境でご覧いただくことを推奨しております。
【OS】iOS:13以上 Android:9.0以上

related

BIMの2ndアルバムからkZmをフィーチャーしG.RINAがプロデュースした2020年の夏を表現したダンスホールチューン"One Love"のMVがプレミア公開

8/28(金)にリリースされるBIMの2ndアルバム『Boston Bag』から、盟友のkZmをフィーチャーし、G.RINAがプロデュースしたサマーチューン"One Love"が本日先行リリースされた。

AwichのLIVEWIREでのオンラインフリーライブにYENTOWNの面々に加え、BIM、JP THE WAVY、DOGMA、鎮座DOPENESSと豪華ゲストが出演

8/25(火)にスペースシャワーが手掛けるオンライン・ライブハウス『LIVEWIRE』にて開催されるAwichのフリーライブのゲスト出演者が発表となった。

BIMが2ndアルバム『Boston Bag』を今月リリース | kZm、KEIJU、高城晶平、Cwondo、No Busesが参加

2月にミニアルバム『NOT BUSY』をリリースし、"Runnin"などがスマッシュヒットしたBIMが、早くも2ndアルバム『Boston Bag』を8/26(水)にリリースする。 満を持して迎えた全国ワンマンツアー『NOT BUSY 2020』が2度の延期を余儀なくされてしまう中で、下を向...

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。