Thundercatが自身の名前の由来となったアニメ『ThunderCats』に楽曲提供して夢を叶える

最新作『It Is What It Is』も話題となったThundercatが、夢を叶えた。

 

日本のアニメやゲームにも精通していることで知られる彼が、自身の名前の由来となった大ファンのカートゥーン作品『ThunderCats』に楽曲提供をすることになった。このトラックは、『ThunderCats』に登場する悪役グルーン・ザ・デストロイヤーへのオマージュとなっている。

また、Thundercatは先日『Comic-Con@Home』のQ&Aセッションにも出演し、自身が「Thundercat」と呼ばれるようになった経緯についても話している。彼を最初に「Thundercat」と呼んだのはErykah Baduだったようで、理由は「スタジオでいつも『ThunderCats』のTシャツを着ていたから」だという。

子供の頃は、創造的なエネルギーをたくさん持っていて、いろいろなものを持っている。俺はいつもイラストや音楽に夢中だった。5歳からベースを弾いていると言っても誰も信じてくれない。 - Thundercat

反響の大きかった「ツアー延期Tシャツや所属レーベルBRAINFEEDERのオフィシャルTシャツ、ロンT、パーカーも現在受注受付中だ。

related

Thundercatの最新作『It Is What It Is』から人気曲"Dragonball Durag"にSminoとGuapdad 4000が参加したリミックスが登場

Thundercatが今年4月にリリースした最新作『It Is What It Is』から、ミュージックビデオも公開された人気曲"Dragonball Durag"のリミックスが公開された。

ThundercatとBEAMS RECORDSのコラボレーションで葵産業が手がけた刺繍ワッペン第二弾が発売

Thundercatが最新作『It Is What It Is』のリリース記念のコラボアイテムとして、BEAMS RECORDSと発売し大きな反響を得た刺繍ワッペンの第二弾が、8/26(水)から発売される。

Thundercatの待望の最新作『It Is What It Is』が本日リリース | 来日ツアーの振替公演も発表

Thundercatが待望のニューアルバム『It Is What It Is』を本日リリースした。 前作『Drunk』でアーティストとしても大きく飛躍したThundercat、本作『It Is What It Is』にはSteve LacyやChildish Gambino、Ty Dolla ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。