このシーンのあのアイテム Vol.1|in-dが”outdoor (Prod. by Devin Morrison)”のミュージックビデオで着ている服

アーティストがMVやライブで着用している服にファンなら、「この服、どんなアイテムだろう?」と気になったことはあるはずだ。気になってみたものの、答えもわからず迷宮入りとなってしまうのがほとんどだろう。

そこでFNMNL編集部はファッションに敏感な読者の為に、服に拘りをもつアーティストのMV制作現場やライブに潜入。着用アイテムやファッションについての拘りなどインタビューしていく。

記念すべき第一回目には、THE OTOGIBANASHI’S、CreativeDrugStoreのメンバーであるラッパーのin-dにフィーチャー。本日リリースされた新作EP『outdoor』から、収録曲"outdoor (Prod. by Devin Morrison)"のミュージックビデオで着用しているアイテムについて話を訊いた。

写真:Cho Ongo

 

in-dは水色が好きだそうで(My Classics in-d編参照)、いつもスタイリングに水色のものをピックアップしている事が多い。今回は打って変わり、ブラックのTシャツとパンツに加え、カーキのフィッシャーマンズベストを羽織ったシックなカラーリングのスタイルでMVに登場している。

 

Carhartt WIPのベスト(in-d私物)

近年トレンドが続いているフィッシャーマンズベストをピックアップし、単調になりがちなオールブラックのコーディネートのアクセントにしている。

今回の映像のロケーションやイメージ的に合いそうなのでピックしました。(in-d)

 

Abu Garciaのパンツ(in-d私物)

ベストに加えて、フィッシングブランドのAbu Garciaのパンツを合わせてフィッシャーマン風コーディネートに。アウトドアアイテムを取り入れ、機能性を重視しているようだ。パンツは昨年ネットで購入したとのこと。

釣りのブランドらしいのですが、黒いパンツを探してる時に釣りのパンツって機能性もそうだけど、動きやすそうだなーと思って買いました。形も良いし、ポッケが多くて気に入ってます(笑)

 

Timberlandの6inchブーツ(in-d私物)

誰もが知るワークブーツの王道ブランドであるTimberland。カラーはあえてブラックをチョイスし、ワークアイテムながらも都会的な印象に。こちらは最近ネットで購入したそうだ。

高校生の時以来、ティンバーのブーツって多分履いてなかったのですが、最近急に履きたくなって。ウィートよりもブラックを履きたい気分でした。

 

今回のMV ”outdoor (Prod. by Devin Morrison)”について

本日7/22『outdoor』という作品をリリースしました。MVはEPの1曲目の曲なんですけど、『indoor』を経てこれから『outdoor』へってイメージですね。撮影は地元で行いました。

今回のEPを作る際に、ほとんどのリリックを地元の実家の近くの山の上で書いたんですよね。MVを撮る時は最初からその辺りのロケーションを使いたいって思ってました。慣れ親しんだ場所で撮れたのは嬉しいし、色んな人達の協力のおかげで良い映像に出来て良かったです。

去年出した『indoor』も一緒に聴いてもらえたらと思います。あと、もうちょいで次の作品も出ると思うので、それもよろしくお願いします。

 

Info

Artist : in-d
Title : "outdoor"
Format : Digital
Release Date : 2020/07/22
Label : SUMMIT, Inc.
No. : SMMT-151

Photo by Mayumi Hosokura
Design by MA1LL

■Track List
1. outdoor (Prod. by Devin Morrison)
2. Broken Silence (Prod. by Rascal)
3. One Day (Prod. by JUBEE)
4. Deadline feat. GAPPER (Prod. by Rascal)
5. Journey (Prod. by doooo)
6. Determination (Prod. by doooo)

Recorded by VaVa @ ヴァヴァミュージックスタジオ
Mixed by D.O.I. for Daimonion Recordings
Mastered by Lanre from Classick Studio
A&R : Ren “Reny” Hirabayashi (SUMMIT,Inc.)

℗© 2020 SUMMIT, Inc.

https://www.summit2011.net/in-d/outdoor/

related

in-dの最新EP『input』から"weekday"のミュージックビデオが公開

in-dが、前作『outdoor』から、わずか3週間という驚異的なスパンで本日8/12(水)にリリースしたEP『input』より"weekday"のミュージックビデオが公開となった。

『outdoor』を発表したばかりのin-dが早くも8月に新作『input』をリリース | VaVa、doooo、Rascalがビートを提供

先週EP『outdoor』を発表したばかりのin-dが、早くも8/12(水)に新作EP『input』をリリースすると発表した。

in-dが6曲入りの新作EP『outdoor』を来週リリース | Devin Morrison、Rascal、JUBEE、dooooがビート提供

THE OTOGIBANASHI’S、CreativeDrugStoreのメンバーであるラッパーのin-dが、新作EP『outdoor』を7/22(水)にリリースする。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。