『夏の魔物』が横浜アリーナに会場変更 | ANARCHY、田我流、okadada、パソコン音楽クラブ、MONYPETZJNKMN、¥ellow Bucksなどが追加出演

8/30に開催される『夏の魔物2020』が、新たに横浜アリーナへの会場変更が行われることとなった。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全席指定席、入場時に検温など、安全面にも様々な配慮がされ、キャパシティーの半分での開催となる。新たにANARCHY、田我流、MONYPETZJNKMN、¥ellow Bucks、okadada、パソコン音楽クラブ、doooo、原島“ど真ん中”宙芳、そしてオフィシャルInstagramで行っていたアーティストリクエスト企画1位の梅田サイファー(KZ / ふぁんく / peko / KBD / KOPERU / テークエム and more)の追加発表が行われた。

既にソールドアウトしていたチケットも、追加販売や、BOX席で楽しめるVIPチケットの販売も、27日から発売決定。会場変更に伴い、一部内容の変更も行われることになったため、希望者にはチケットの払い戻しも実施される。

なお、グッズについては新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オフィシャルオンラインストアにて数量限定受注・会場引き換えとなる予約販売のみでの販売に。マンガ家の江口寿史描き下ろしイラストとGhetto HollywoodことSITEによる描き下ろしグラフィティのコラボレーショングッズも公開。オフィシャルアイテムは、TBS『水曜日のダウンタウン』のオープニングなどアート・ディレクションを担当する榛葉大介によるデザインとなる。

Info

8月30日 横浜アリーナ
「TBSラジオ主催 夏の魔物2020」
KOHH
ZORN
ANARCHY
舐達麻
変態紳士クラブ
田我流
ゆるふわギャング
¥ELLOW BUCKS
鎮座DOPENESS
Jin Dogg
Gottz & MUD(KANDYTOWN)
MONYPETZJNKMN
okadada
パソコン音楽クラブ
doooo
chelmico
梅田サイファー(KZ / ふぁんく / peko / KBD / KOPERU / テークエム and more)
NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
SEEDA
NORIKIYO
MONJU(ISSUGI 仙人掌 Mr.PUG)
BES(GUEST)
JJJ
STUTS
JUBEE(CreativeDrugStore)
QN
RAU DEF
Moment Joon
曽我部恵一
ラフィンノーズ
ニューロティカ
THE NEATBEATS
武藤昭平withウエノコウジ+百々和宏
町田康(TALK)
ロマンポルシェ。
宮村優子
大橋裕之
アイデンティティ
ゲーセンミカド
原島“ど真ん中”宙芳
長州力
前田日明
武藤敬司
朝倉未来
アントニオ猪木

related

BEAMSとSPACE SHOWER TVによる『PLAN B』が S/U/P/E/R/ DOMMUNEでライブ配信 | Campanella、RAMZA、Aru-2、16FLIP、田我流、KMが出演

BEAMSとSPACE SHOWER TVによるコラボプログラム『PLAN B』が、コロナ禍によって未曾有の危機にあるカルチャー/エンターテイメント業界の未来への希望を込め、 S/U/P/E/R/ DOMMUNEで8/6(木)に無観客での無料ライブ配信を行う。

【イベントレポート】オンラインイベント『NAMES』| 「いつか変わる」その日のために。困難を良き経験と捉える

FNMNLと東京・渋谷のライブハウスWWWによるオンラインイベント『NAMES』が5/30に行われた。

ANARCHYが混沌とした世の中をテーマにした新曲"PROCEED"を緊急リリース

ANARCHYが新型コロナウイルス感染拡大を受け混沌する世の中をテーマにした新曲"PROCEED"を、本日6/11(木)に緊急リリースした。 "PROCEED"はリディムの上でANARCHYによる力強いメッセージが響く一曲となっている。 本人から以下のコメントが到着している。 ニュース...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。