YaffleがフランスのシンガーソングライターEliaを招いた新曲"À l'envers"をリリース

小島裕規によるプロデューサー名義Yaffleが、5月にリリースしたスウェーデンのシンガーソングライターLinnéa Lundgrenをフィーチャーした"Lost, Never Gone feat Linnéa Lundgren"に続く新曲"À l'envers feat. Elia"を7/31(金)にリリースする。

Elia

"À l'envers"(ア・ランヴェール)は2019年秋に、ヨーロッパへの旅に出かけたYaffleがデビュー間もない若い女性シンガー・ソングライター: Elia(エリア)を、彼女とソングライターとして契約するBecause Musicから紹介され、二人でパリのスタジオに入り完成させたフランス語曲。「逆さま」という意味のこの曲は、彼女の憂いあるヴォーカル、そしてブレイクでの爆発力が聴く者の耳を捉えて離さないYaffle流ダブステップとなっている。アートワークを手掛けるのはTokyo Recordingsの朋友OBKRだ。

この曲についてYaffle、そしてEliaがコメントを寄せている。

「パリのBecause Music のスタジオでEliaと一緒に書いた曲。いくつかのデモを聞かせて彼女が一番気に入ったビートを元に作った。前日にStrasberg St. Denis(ストラスブール=サン=ドニ)のAirbnbのキッチンでベースラインを思いついた。街の雰囲気に結構引っ張られた気がする。真っ暗闇で踊っている女性のイメージ。」(Yaffle)

「私がこの「À l'envers」を書いたのは、落ちるという事は、実は深く上がっていくことだと逆説的に理解した時でした。恋に落ちる時、自分の情熱が負ける時、あなたは成長する。失うことを恐れると、勝者にはならない。Yaffleと会った時、私は彼が勝者に見えた。フランス語は分からないけど、フランス語で詞を書かせてくれた。すぐに私は彼のエネルギーを感じた。オーガニックとエレクトロニックをミックスする彼のユニークな手法、そして彼のクレイジーさ。だから" Viens danser au son de ma perte (来て、私の壊れる音で踊って)"というフレーズが出てきたの。このプロジェクトに関われて本当に感謝しているわ。リスナーの皆さんには私と同じくらいこの曲を楽しんでもらって、両手を広げることがあまりない、この厳しい時に、私たちが送る愛と信念を受け止めて欲しい。」(Elia)

Info

※1 Pre-save https://umusic.digital/fkaxgc

【RELEASE INFORMATION】
Yaffle

“À l'envers feat.Elia”
Label: Picus Records/Caroline International
Artwork by OBKR (Nariaki Obukuro)
2020.7.31(金)Release

related

注目のプロデューサーYaffleがアルバム『Lost, Never Gone』を9月にリリース

Tokyo Recordings所属のプロデューサーのYaffle(小島裕規)が、9/18(金)に初のアルバム『Lost, Never Gone』をリリースする。

Tokyo RecordingsのプロデューサーYaffleが1年ぶりとなる新曲"Lost, Never Gone feat. Linnéa Lundgren"をリリース

Tokyo Recordingsのプロデューサー小島裕規によるアーティストプロジェクトYaffleが、新曲"Lost, Never Gone feat. Linnéa Lundgren"を5/22(金)にリリースする。

OKAMOTO’Sの"ART(FCO2811)"の小袋成彬&YaffleがリミックスしGottz、Tohji、Shurkn Papが参加

デビュー10周年を記念した日本武道館でのワンマンライブが完売した、OKAMOTO’Sが武道館公演に先駆け、発売中の最新アルバム『BOY』からのリミックス音源が明日6/14(金)にリリースされる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。