Tokyo RecordingsのプロデューサーYaffleが1年ぶりとなる新曲"Lost, Never Gone feat. Linnéa Lundgren"をリリース

Tokyo Recordingsのプロデューサー小島裕規によるアーティストプロジェクトYaffleが、新曲"Lost, Never Gone feat. Linnéa Lundgren"を5/22(金)にリリースする。

藤井風やiriなどのプロデュースも手がけるYaffleによる新曲は、2018年にリリースしたEP『Op.2-4』収録の"Never Look Back"でフィーチャーしていたスウェーデンの女性シンガーソングライター、Linnéa Lundgren(リニア・ラングレン)と再びタッグを組んだ楽曲。「失われたとしても ずっと生き続ける」というテーマで、語り掛けるようなボーカルで始まり、Yaffleのダイナミックなプロダクションでエモーショナルに幕を閉じるナンバー。アートワークは、Yaffle全作品のアートワークを手がけているTokyo Recordingsの盟友、小袋成彬によるもの。

「2年くらい前にストックホルムのLinnéaの自宅で彼女がピアノで聞かせてくれた曲に心を奪われたので、それを元にして作った。最初に比べるとかなりビートが変わったので、昨年もう一度ストックホルムで彼女のヴォーカルをレコーディングし直した。幼い頃、キリスト教系の学校に通っていて毎朝礼拝があったのだが、その学校の教会の雰囲気を出したかった。お気に入りの場所だった。」(Yaffle)

「Yaffleと仕事するのが大好きです。音楽に関して言うと、私たちは同じ言語を話しているようだし、制作過程はとても遊び心があってスムーズに進むので、いつも楽しい時間を過ごしています。『Lost, Never Gone』は自分が本当にしたいことや、自分がどうありたいかを見つけることについて歌っています。成功する為にどうあるべきか、という我々が生きる社会の理想には反する考えかもしれないけど・・・。成功は自分の心の中から生まれるもので、自分が良いと思うことをすべきだと私は考えています。」(Linnéa Lundgren)

Yaffleが設立した自身のインプリント、Picus RecordsとCaroline Internationalの、最初の共同リリースとなる本楽曲は、Yaffle初となるダウンロードでも購入可能だ。

Info

Yaffle

“Lost, Never Gone feat. Linnéa Lundgren”
Label: Picus Records/Caroline International
Artwork by OBKR (Nariaki Obukuro)
2020.5.22(金)Release

Spotify Pre-save キャンペーン https://umusic.digital/zadzrk(5/15〜21)
※Pre-saveとは、Spotifyで楽曲配信日にご自身のSpotifyアカウントのMY LIBRARYに対象の作品が追加されるサービスです。

related

注目のプロデューサーYaffleがアルバム『Lost, Never Gone』を9月にリリース

Tokyo Recordings所属のプロデューサーのYaffle(小島裕規)が、9/18(金)に初のアルバム『Lost, Never Gone』をリリースする。

YaffleがフランスのシンガーソングライターEliaを招いた新曲"À l'envers"をリリース

小島裕規によるプロデューサー名義Yaffleが、5月にリリースしたスウェーデンのシンガーソングライターLinnéa Lundgrenをフィーチャーした"Lost, Never Gone feat Linnéa Lundgren"に続く新曲"À l'envers feat. Elia"を7/31(金)にリリースする。

OKAMOTO’Sの"ART(FCO2811)"の小袋成彬&YaffleがリミックスしGottz、Tohji、Shurkn Papが参加

デビュー10周年を記念した日本武道館でのワンマンライブが完売した、OKAMOTO’Sが武道館公演に先駆け、発売中の最新アルバム『BOY』からのリミックス音源が明日6/14(金)にリリースされる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。