Sasquatchfabrix.の2020-21AW LOOKBOOKが公開 | テーマは「WakonYosai」

オリエンタルなムードとモダンな洋服作りを両立させているSasquatchfabrix.が2020-21AW LOOKBOOKを公開した。

今季のテーマは「WakonYosai」。「和魂洋才」は日本古来の精神を大切にしつつ、西洋からの優れた学問・知識・技術などを摂取・活用し、両者を調和・発展させていくという意味。そのテーマに沿ってSasquatchfabrix.らしい品がある中にも毒気も感じる、和と洋のブレンドが際立つアイテムが揃っている。

related

Sasquatchfabrix.のデザイナー横山大介らが手掛けるコンセプトショップOKYAKUが高知にオープン|cobirdの個展も開催

Sasquatchfabrix.デザイナー横山大介らが手掛けるコンセプトショップOKYAKUを高知県にオープンした。 高知には、老若男女が美味しい食を囲み酒を酌み交わす「おきゃく」という宴会文化があり、客をもてなすだけではなく、招く側も共に楽しみ、一度「おきゃく」をした人とは、何十年来の友人の...

陶器作家・丸岡和吾とSasquatchfabrix. とのコラボレーションアイテムが発売

陶器作家・丸岡和吾とSasquatchfabrix.とのコラボレーションアイテムが6/6より限定発売される。

Sasquatchfabrix.が2020SS LOOKBOOKを公開 | テーマは「KANEAI」

Sasquatchfabrix.が2020SSのLOOKBOOKを公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。