石原洋のソロアルバム『formula』のデラックスエディションがBandcampでリリース

2月にリリースされた石原洋のソロ名義としては23年ぶりのアルバム『formula』のデラックスエディションがBandcampで本日6/25(木)にリリースされた。

今回のデジタルリリースは、フィジカルでは収録されなかった"version 1.0"を収録した全4曲入り。追加収録の"version 1.0"、"version 1.0 reverse"は歌と演奏が消失し、ベーシックの雑踏の喧騒と電子音響(若干の追加含む)のみがフルレングスで収録されている。

当初『formula』はCDは2枚組でリリースされる予定で、当初のアイデアとして、この「version 1.0」をPC/スマホに取り込み、購入者の好きな音楽とこの雑踏とを好みの音量でミックスして聴いてもらうと、その音楽自体、またはそれを愛好する購入者自身と世界との距離、過去の関係性がぼんやり浮かび上がってくる仕組みだった。そのため"version 1.0"を含む4曲入りアルバムが、まさに『formula』の完全版となる。

参加ミュージシャンは、White Heaven, The Starsで長年石原と共に活動してきた栗原ミチオを始め、北田智裕と山本達久、エンジニアも務める元White Heavenメンバーの中村宗一郎。アートワークはコンセプトを石原洋、デザインを坂本慎太郎が手がけている。

Info

2020年6月25日(木) 17:00よりbandcampにて発売。

URL: https://youishihara.bandcamp.com

formula (Deluxe Edition) / you ishihara

M-1: formula
M-2: formula reverse
M-3: formula version1.0*
M-4: formula reverse version1.0*
(*追加収録)

All songs written, concrete conducted and produced by You Ishihara
Recorded, mixed & mastered by Soichiro Nakamura at Peace Music, Tokyo 2019

石原洋 / you ishihara: vocal, guitar, synthesizer, keyboard, effects

栗原ミチオ / michio kurihara: guitar
北田智裕 / tomohiro kitada: bass
山本達久 / tatsuhisa yamamoto: drums
中村宗一郎 / soichiro nakamura: keyborad

cover concept: you ishihara
art work: shintaro sakamoto

related

石原洋の23年ぶりの新作『formula』のトレイラーが公開

ゆらゆら帝国、boris、Ogre You Assholeのサウンドプロデューサーとして知られる石原洋が、23年ぶりにリリースするソロ名義の新作『formula』のトレイラービデオが公開となった。

石原洋が23年ぶりとなるソロアルバム『formula』をzelone recordsよりリリース

伝説的なサイケデリックロックバンドWhite Heaven及びThe Stars解散後、近年は石原洋 with Friendsとして活動していた石原洋が満を持してソロアルバム『formula』を、来年2月にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。