Shoko & The Akillaが1stアルバム『Shoko & The Akilla』を8月にリリース

コアな音楽ファンの間で噂を呼んでいる湘南出身のシンガーソングライターShokoとギタリストAkillaによるオーセンテック・デュオShoko & The Akillaが、ユニット名を冠したデビューアルバムを8/12(水)にリリースする。

2人は2019年秋頃より楽曲制作をスタート。ドラムと鍵盤に森俊也(Matt Sounds、KODAMA AND THE DUBSTATION BAND)、ベースに大林亮三(SANABAGUN.、RYOZO BAND)、鍵盤に林祐輔(ゆうやけしはす)からなるバンドを編成。思い出野郎Aチームより、トランペットに高橋一、トロンボーンに山入端祥太をゲストに迎えてレコーディングを敢行。

アルバムには3月に先行シングルとして配信&7インチレコード(即日完売)をリリースして注目を浴びた初のオリジナル楽曲"側にいれば"を筆頭に、浮遊感が漂うアシッド~サイケデリックな要素を纏った"Earthy Smells"、小気味いいリズム&ブルース"日曜の昼下がり"、ロックステディな"My Only Chef"といった彩り豊かなオリジナル楽曲群に加え、彼らが影響を受けているアーティスト達のカバー"Muriel"(原曲:Alton Ellis)、"My Summer Love"(原曲:Ruby & The Romantics)、"Blue Yes Blue(原曲:Dawn Penn)"など、全10曲を収録している。

レコーディング&ミックスは中村督(POTATO STUDIO)、マスタリングは山崎翼(Flugel Mastering)が担当。Levi’s® TAILOR SHOPによるオリジナル刺繍をあしらったアートワークにも注目して欲しい。

Info

■アーティスト:Shoko & The Akilla
■アルバムタイトル:Shoko & The Akilla
■リリース日:2020年8月12日(水)
■品番:DDCB-12113
■販売価格:2,500円+税
■仕様:CD・紙ジャケットダブル / 配信
■レーベル:PAPILLON / AWDR/LR2

■トラックリスト
1.Intro
2.Earthy Smells
3.Muriel
4.日曜の昼下がり
5.My Summer Love
6.夢のような
7.側にいれば
8.My Only Chef
9.Blue Yes Blue
10.Oyasumi Song

related

TOKYO FMで放送中のスペシャル番組『WHILE YOU ARE SLEEPING』の第7弾が今月放送 | SHOKO & THE AKILLAなどがゲスト出演

今里(STRUGGLE FOR PRIDE)、enoshi(ROUGH AND RUGGED, HENRY HAUZ)、大柴裕介(CROCODILE COX)が出演するTOKYO FMの特番『WHILE YOU ARE SLEEPING』の第7弾が12/27(日)にオンエアされる。

MASS-HOLEの2ndラップアルバム『ze belle』が来年1月にリリース | ISSUGIやCOVAN、Shoko & The Akillaなどが参加

長野・松本を代表するラッパーでプロデューサー、DJのMASS-HOLEが来年1/20(水)に2ndラップアルバム『ze belle』をリリースする。

Shoko & The Akillaがバンド編成によるワンマンライブを開催

1stアルバム『Shoko & The Akilla』をリリースしたShoko & The Akillaのレコ発ライブが、11/3(火)に東京・下北沢のLIVE HAUSで開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。