Tasho Ishiが新曲“I allways still yakuza(director's cut)”をBandcampにてデジタルリリース

昨年リリースのアルバム『Dentsu 2060』も話題を呼んだTasho Ishiが新曲“I allways still yakuza(director's cut)”をBandcampにてデジタルリリースした。

今回のリリースはPANからのリリースでも知られるスウェーデンのクラブイノベーターToxeのプロジェクト『600 sec』の一環として行われ、Bandcampの収益がNAACP Legal Fundに全額寄付される6月19日に合わせてデジタルリリース。それに合わせてTasho IshiのBandcampページも新たに開設された。この曲ではソフィア・コッポラの映画『ロスト・イン・トランスレーション』にも登場する、新宿の高層ホテルパークハイアット東京52階のバーで友人と交わした会話をフィールドレコーディングしている。「I allways still yakuza」というボイスのリフレインが印象的な楽曲だ。

Summer 2016,
We met up at the west exit of Shinjuku station. We, meaning : ‘L’ a visiting musician from Italy, ‘C’ an American visual artist, and the local usuals, ‘K’, ‘A’, ’S’ and myself.
Soon after the last person arrived, we walked to Park Hyatt Tokyo, a tall hotel in Shinjuku.

Our destination is the ‘iconic’ bar on the 52nd floor, a bar that people may have seen in the movie, Lost in Translation.
It’s a perfect place to enjoy the Empire-State-Building-like night view, when you don’t have time to go to NYC.

We ordered some cocktails with prestigious names, such as Rossini, named after a master Italian baroque composer who composed the world renown, La gazza ladra, in early 19th century. Or, Doyenné du comice, which means, “The Long Lost Pear.”

L and I can’t drink so we just ordered soft drinks.

Once we all got chit-chaty, I secretly pressed the REC button on my SONY PCM-D50, my excellent handy recorder, and left it running on the side of the table…

Unexpectedly, L started to chant in his Italian accented English, “I Allways still yakuza I Allways still yakuza I Allways still yakuza...”

Info

600 secs:https://www.ffforreal.com/2020/06/600-sec-by-tasho-ishi-i-always-still.html

Tasho Ishi Bandcamp:https://tashoishi.bandcamp.com/releases

related

WWWとWWW Xのアニバーサリーシリーズで開催される『Emotions』にdodo、LEX、YamieZimmer & Friends、Tasho Ishiなどの出演が決定

WWWとWWW Xのアニバーサリーシリーズとして10/18(金)に開催される『Emotions』の第二弾出演者が発表となった。

【インタビュー】Tasho Ishi 『Dentsu 2060』|人間不在のレイヴが行われる東京。その都市空間を音で描く

クラブミュージックの大半は、建物のなかの出来事を音で描く。Tasho Ishiのアルバム『Dentsu 2060』は、クラブミュージックの文脈や手法を踏襲しながらも、クラブの外にある都市風景を描いた怪作だ。既存の文脈には収まりきらない作風ゆえに、耳になじまない違和感が残るが、それはすべてが最適化された世の中に対する違和感の表明でもある。アルバムはWarpからのリリースでも知られる電子音楽家Lorenzo SenniのレーベルPresto!?からデジタルリリースされ、近々アナログも世に出る予定だ。

Local Worldと南蛮渡来によるスプリット・パーティにMachine GirlやL?K?O、Tasho Ishiなどが登場

WWWのレジデント・パーティLocal WorldとMars89とsuimim主宰の南蛮渡来のコラボレーションが、WWWとWWWβの2フロアを用いたスプリット・パーティ『外伝』として開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。