S亜TOHが1stEP『homo』から“Tata”のミュージックビデオを公開

東京を拠点に活動、「亜種」を自称するパワー系ネオハイパーポップデュオS亜TOHが1st EP 『homo』より”Tata”のミュージックビデオを公開した。

MVは2021surviveメンバーによる釣行遠足の際に撮られたもので、SALICHANMODEのYoutubeチャンネルからvlogも配信されている。

Info

S亜TOH 1st EP “homo”

1. RPG

2. ガバじゃなきゃ (feat. Ken truths)

3. paypay (feat. RY0N4)

4. Tata (feat. kyazm)

Artwork by shun mayama

ストリーミングURL:

https://linkco.re/v3BN6dxx

related

S亜TOHが2021surviveから新作EP『not ok』をリリース

「亜種」を自称するネオハイパーポップデュオS亜TOHが、「今を生き抜くプロジェクト」2021surviveから新作EP『not ok』をリリースした。

S亜TOHが「今を生き抜くプロジェクト」2021surviveから新曲“Im not”のMVを公開

「亜種」を自称するネオハイパーポップデュオS亜TOHが、「今を生き抜くプロジェクト」2021surviveから新曲“Im not”のMVを公開した。

【コラム】A New Form of Japanese Rap 2020|交差するラップとレイヴ

トラップのビートが一つのスタンダードとなり、メインストリームからアンダーグラウンドまでありとあらゆるシーンを席巻して何年も経つ。現行のラップミュージックのビートは大雑把に「ブーンバップ」と「トラップ」に二分されることが多いが、もちろんその大きな括りの中で様々なサブジャンルが生まれては消えることを繰り返している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。