Quentin ChambryとNANOOKのデュオ展『Times of Crisis』がCALM & PUNK GALLERYにて開催

CALM & PUNK GALLERYにて6/3(水)より、Quentin Chambry(コンタン シャンブリ)とNANOOK(ナヌーク) によるデュオ展『Times of Crisis』が開催中だ。

昨年フランスのレンヌから東京へ拠点を移したコンタン、東京を拠点に活動するNANOOK。4年前に出会って以降、フランスでのグループ展への参加や共同制作などで時間を共にしてきた彼らが初めて2人で作り上げる展覧会となる。

NANOOKはキリスト教の厳格な全寮制中高一貫校で学生時代を過ごし、多くの男子が多感な時期に影響を受けるサブカルチャーにほとんど触れられない、山奥に隔離された男子寮という独特な環境の中で育った。しかし、抑圧され、ダメと言われれば言われるほど惹きつけられてしまうのも人の性。反道徳的と教えられたパンクやメタルなどから人並み以上に衝撃を受けて、禍々しいものへの愛着が形成された。

一方フランスの西部レンヌで育ったコンタンは、仲間とスケートボードをする楽しさに目覚めたことからはじまり、グラフィティー(彼のシグネチャーはカタカナのグラフィティ)やグラフィックデザインを学び、友人と住む一軒家のガレージをギャラリーに改装してたくさんの展覧会を開催。コミュケーションと創作が同一線上にある環境で、たくさんのアーティストに出会い、様々な刺激を受けながら段々と自身の作品制作へ没頭して行った。

NANOOKの描く生き物たちは、不吉で禍々しい怪物のようにも、もしくは地球には生息していないとてつもなく 無垢で優しい生き物のようにも見える。画面一杯に伸び伸びと描かれたコンタンの作品にも、やわらかさと共に荒々しい強さが潜んでおり、全く違う環境で育った2人の作品は相反する要素を同時に持ち、思いもよらぬ方法で問題を飛び越えてくれそうな大胆さや意外性を共有しているように感じられる。

本展では、作家にとっても当ギャラリーにとっても過去最大サイズとなる渾身のペインティング作品のほか、合作平面作品、スカルプチャーなどが発表される。

 

Info

『TimesofCrisis』

日程
2020.6.3 (水)-6.28(日)

開 廊
13:00 - 19:00
水曜~土曜 開廊/日・月・火 休廊
最終日曜28日オープン

入場無料

会場
CALM & PUNK GALLERY
東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
https://calmandpunk.com

related

NANOOKとGoichi Hosakaによる合同展示『It’s Ours』が開催

東京をベースに活動するNANOOKとGoichi Hosakaによる合同展示『It’s Ours』が、11/28(木)から六本木のClear Gallery Tokyoで開催される。

Gapが50周年を記念してYOSHIROTTEN、オートモアイ、NANOOKなどとコラボレーション|抽選で50名にTシャツプレゼント

今年の8/22(木)に創業50周年を迎えるGapが今最も注目すべき10組11名のアーティストとのコラボレーションTシャツを抽選で50名にプレゼントするキャンペーンを8/20(火)より開始している。

NANOOKの個展がCLEAR GALLERY TOKYOにて開催中

東京をベースに活動する作家 NANOOKが4年ぶりの個展をCLEAR GALLERY TOKYOにて開催している。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。