Dos Monosが台湾のIT担当大臣Audrey Tangとの異色のコラボとなる新曲"CIVIL RAP SONG"を本日リリース

Dos Monosが台湾のIT担当大臣であるAudrey Tang(オードリー・タン/唐鳳)との新曲"CIVIL RAP SONG"を本日リリースした。

世界各国の政府が、COVID-19対策における、リーダーシップ、危機管理能力、ITリテラシーなどを問われているなか、デジタルテクノロジーを巧みに用いた政策で、パンデミックを早期に 抑え込み世界中から賞賛の声を集める台湾。なかでもダイナミックなIT利用を主導した「IT担当大臣」のAudrey Tangの手腕に、ひときわ大きな注目が集まっている。

そのAudrey Tangのインタビュー音源をトラックに敷き詰め、彼女が放つ未来に向けたメッセージをDos Monosがヒップホップの言語をもってアンプリファイした。

発案は、3月にAudrey Tangのインタビューを敢行したコンテンツレーベル黒鳥社の若林 恵。インタビューのなかでもとりわけメッセージ性の強いフレーズを選び抜き、Dos Monosの ラッパーTAITANに打診。企画を速攻で快諾、わずか1週間でパワフルなトラックをつくりあげ た。さらに気をよくしたメンバー3人がそれぞれラップを乗せて完成。Audrey Tang本人による許諾を得て、公開へとこぎつけた。

若林恵が提供したAudreyのフレーズは、パブリックセクター(行政)でもプライベートセクター(民間)の間に入って活躍する「ソーシャルセクター/シビックセクター」の価値を謳ったものを中心に、未来的思考を集約したものばかり。これらのフレーズをDos Monosがいかに解釈し、アンプリファイしたかが、本シングルの聴きどころとなる。

また、映像は、現代美術家のYuma Kishiが手がけ、敵対型生成ネットワーク(GAN)と呼ばれ るAI技術によって人間が知覚できない高次元空間をシミュレートした。

コラボレーションに当たってDos Monosの荘子itはこう語る。

サンプリングによって生まれる音楽の魅力に、現代のぼくらの耳は充分に慣れてきたが、この ような形で、台湾のIT担当大臣と日本のヒップホップクルーの間に予期せぬマリアージュが、 相互の信頼の元に達成されることは空前絶後だろう。

今回のコラボレーションにあたって、オードリー・タンは、自らのインタビュー音声という素 材のポテンシャルを自由にAmplify(=増幅)する権利を与えてくれた。

政治家とアーティストの協力といえば、単に声の大きさを増幅する拡声器としての意味しか持 てない、ぼくらの国の文化的状況にあって、これ程自分のトラックメイカーとしての能力を無 制限に解放させてくれる機会に恵まれたことに、最大級の感謝と敬意を表したい。

COVID-19対策における大きな成果を生んだオードリー・タンの発話を、その音楽的ポテン シャルにおいて増幅し届けられることは、メッセージの内容それ自体を超えて、ぼくらにとっ ての文化的エンパワーメントとなるだろう。

隣国の芝生は青いと再確認するためでなく、ぼくら、いや、この世界の我々全員にとっての他 山の石として、この「市民の歌」を作った。

Info

Dos Monos - "Civil Rap Song ft. Audrey Tang"

Performed by Dos Monos Music: Dos Monos
Lyrics: Dos Monos
Sampled Voices: Audrey Tang Video Production/AI Artist: Yuma Kishi
Produced by Dos Monos/Kei Wakabayashi(blkswn publishers)
Special Thanks to Audrey Tang & Chikako Masuda

Dos Monos 公式YouTubeチャンネル
https://youtu.be/tYSsZ528EKc

blkswn radio(黒鳥社公式YouTubeチャンネル)
https://youtu.be/Xj3Mnk-_u0E

related

『夏の魔物SPECIAL MAMONOISM』の第二弾にDaichi Yamamoto、Dos Monos、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、曽我部恵一などの出演が決定

幕張メッセイベントホールにて10/24(土)と10/25(日)の2日間開催される『夏の魔物』による新シリーズ『夏の魔物SPECIAL MAMONOISM』の第2弾出演アーティストが発表となった。

【インタビュー】Dos Monos『Dos Siki』|新しい快楽を生み出すための音楽と批評

荘子it(ラッパー/ビートメイカー)、TaiTan(ラッパー)、没(ラッパー)から成るヒップホップ・グループ、Dos Monosの4曲で構成されたセカンド・アルバム『Dos Siki』は、音と言葉の濃密さにおいて、近年の日本のヒップホップのなかで際立っている。濃密さとはつまり語彙力の豊富さ、交錯する文脈の複雑性、サンプリング・ソースの多彩さ(ナイジェリアのロックをはじめとする様々なアフリカ音楽、ヒップホップ、フランク・ザッパ、ラテン音楽=サルサ等々)とその重層性(または音数の多さ)である。4曲でアルバムと言い切るのも納得の作品だ。

Dos Monosが待望の2ndアルバム『Dos Siki』のトラックリストを公開 | Injury Reserveも参加

Dos Monosが7/24(金)にリリース予定の2ndアルバム『Dos Siki』のトラックリストを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。