韓国の注目アーティストPark Hye Jinが最新作『How can I』を6月にリリース

DJ、ラッパー、シンガーソングライターとして活躍する韓国の注目アーティストPark Hye Jin(パク・へジン)が、UKの人気レーベルNinja Tuneから最新EP『How can I』を6/26(金)にリリースすると発表した。

Park Hye Jinは2018年にリリースしたEP『IF U WANT IT』に収録されている"I DON'T CARE"がスマッシュヒットし、名前を知られるようになり、デビューから18ヶ月の間でベルリンのベルグハイン/パノラマ・バー、イビザのDC-10でのプレイ、そして『プリマベーラ・サウンド』への出演も果たした

最新EP『How can I』に収録された6曲は、2019年の間に彼女が初めてヨーロッパ、北米、オーストラリアを旅した際のトランジットの時間を中心に制作されたもので、これまでの彼女のアウトプットの中で培われた多様なスタイルが表現されている。MVも本日公開となった"Like this"はドリーミーなメロディと疾走感のあるリズムの上に、彼女の中毒性のあるヴォーカルとなっている。他にもムーディーなテクノの"NO"、ジューク/フットワークにインスパイアされた"How come"など自分の境界線を押し広げ、カテゴライズされた概念を超えた才能を発揮している。

このEPが制作された2019年には、今の状況を想像することは不可能だっただろう。しかし彼女にとっては、一刻も早く音楽をリリースすることが重要だった。

明日死ぬかどうかは誰にもわからないけど、もしそうなってもこれをリリースできたし、幸せに死ねる。
今まで待っていてくれてありがとう。
- 박혜진 Park Hye Jin

Info

abel: Ninja Tune / Beat Records
artist: Park Hye Jin
title: How can I
release date: 2020.06.26 FRI ON SALE

商品ページ: https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11119

TRACKLISTING
01. Like this
02. Can you
03. How can I
04. NO
05. How come
06. Beautiful

related

Park Hye JinがNosaj Thingとのコラボ曲"CLOUDS"をリリース

新型コロナウイルスの影響もあり惜しくも来日公演が中止となったPark Hye Jinが、LAのプロデューサーNosaj Thingとのコラボ曲"CLOUDS"を、本日12/10(木)にリリースした。

Park Hye Jinの今月予定されていた来日公演が開催延期に

12月に東京・大阪で来日公演を開催予定だった韓国出身の人気プロデューサーPark Hye Jinの公演が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大とその影響による規制強化の状況を受け開催延期となった。

Park Hye Jinの緊急来日公演が東京と大阪で開催

2018年のデビュー以降ベルリンやイビザなどクラブミュージックの中心地から、88rising主催のフェス『HEAD IN THE CLOUDS FESTIVAL』まで、世界各地で活躍するPark Hye Jinの、緊急来日公演が東京と大阪で開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。