Park Hye Jinがデビュー作『Before I Die』から"Whatchu Doin Later"をリリース

韓国出身で現在はLAを拠点に活動を行うPark Hye Jinが、9月にリリースするデビュー作『Before I Die』から、新曲"Whatchu Doin Later"をリリースした。

リードシングル"Let's Sing Let's Dance"に続くこの楽曲では、彼女の内面が垣間見れるようなリリックをのせた、母国語の韓国語でのラップを披露している。

Info

label: Ninja Tune
artist: 박혜진 Park Hye Jin
title: Before I Die
release: 2021.09.10

商品ページ
Beatink: https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11964

国内盤CD Tracklist
01. Let’s Sing Let’s Dance 
02. I Need You 
03. Before I Die 
04. Good Morning Good Night 
05. Me Trust Me
06. Where Did I Go 
07. Never Give Up
08. Can I Get Your Number 
09. Whatchu Doin Later 
10. Sex With ME (DEFG) 
11. Where Are You Think 
12. Never Die 
13. Hey, Hey, Hey 
14. Sunday ASAP 
15. i jus wanna be happy 
16. Y DON’T U (feat. Clams Casino & Take A Daytrip) [Bonus Track]
17. CLOUDS [Bonus Track]

LP Tracklist
Side A:
01. Let’s Sing Let’s Dance
02. I Need You
03. Before I Die 
04. Good Morning Good Night
05. Me Trust Me
06. Where Did I Go 
07. Never Give Up

Side B
01. Can I Get Your Number
02. Whatchu Doin Later
03. Sex With ME (DEFG)
04. Where Are You Think
05. Never Die
06. Hey, Hey, Hey
07. Sunday ASAP
08. i jus wanna be happy

7” Tracklist
Side A
Y DON’T U (feat. Clams Casino & Take A Daytrip)

Side B
CLOUDS

related

Park Hye Jinの新曲“Y DON’T YOU (feat. Clams Casino & Take A Daytrip)”がリリース|日本ツアーの振替公演日程も決定

NINJA TUNEとの契約やEP『How can I』が大きな話題を呼んだプロデューサーPark Hye Jinの新曲“Y DON'T U (feat. Clams Casino & Take A Daytrip)”が本日リリースされた。

Park Hye JinがNosaj Thingとのコラボ曲"CLOUDS"をリリース

新型コロナウイルスの影響もあり惜しくも来日公演が中止となったPark Hye Jinが、LAのプロデューサーNosaj Thingとのコラボ曲"CLOUDS"を、本日12/10(木)にリリースした。

Park Hye Jinの今月予定されていた来日公演が開催延期に

12月に東京・大阪で来日公演を開催予定だった韓国出身の人気プロデューサーPark Hye Jinの公演が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大とその影響による規制強化の状況を受け開催延期となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。