Helinox × TACOMA FUJI RECORDS × BEAMS Tのコラボレーションアイテムが登場

「実在しない」音楽をマーチャンダイズしプロダクト化するTACOMA FUJI RECORDS(タコマフジレコーズ)と、機能性とデザイン性の高さからアウトドアシーンを席巻するHelinox(ヘリノックス)と、BEAMS Tとのトリプルコラボレーションが5/8(金)より発売される。

架空のプロジェクト『BIGFOOT SURVEY PROJECT』のオフィシャルギアと称し、チェア、テーブル、コットの3型を展開。ビンテージアウトドアギアに多く見られる「ブルー×コヨーテ」のカラーを採用し、目を惹くデザインでありながら哀愁感も感じさせるスペシャルコレクション。

また、今回のコラボレーション用に特別に製作したロゴとグラフィティを落とし込んだウエア、ファッション雑貨も同時に展開。Tシャツ2型、バッグベスト、ソックス、キャップ、サコッシュの全6型がラインナップし、ウエアからギアまでトータルで楽しめるコレクションに仕上がった。

Big Foot Survey T-Shirt / TACOMA FUJI RECORDS / Color:White, Yellow / Size:S, M, L, XL / Price:¥5,800+tax
House Of The Holy T-Shirt / TACOMA FUJI RECORDS / Color:White, Black / Size:S, M, L, XL / Price:¥5,800+tax
PACKMAN VEST / JINDAIJI MOUNTAIN WORKS×TACOMA FUJI RECORDS / Color:Blue / Size:One Size / Price:¥17,000+tax
Sacoche / HAPPY HOUR×TACOMA FUJI RECORDS / Color:Blue / Size:One Size / Price:¥3,500+tax
Cap / KAVU×TACOMA FUJI RECORDS / Color:Black / Size:M, L / Price:¥7,200+tax
Socks / MY LOADS ARE LIGHT×TACOMA FUJI RECORDS / Color:Brown / Size:One Size / Price:¥2,500+tax

 

Helinox × TACOMA FUJI RECORDS × BEAMS T / Cot ¥59,000+tax, Chair ¥21,000+tax, Table ¥21,000+tax

 

Info

BEAMS
https://www.beams.co.jp/

特設サイト
https://www.beams.co.jp/news/1975/

related

BEAMS Tが20周年記念し合同アートショーを開催|長場雄、花井祐介、河村康輔、ナイジェルグラフ、UND、HIROTTON、Yabiku Henrique Yudiなどが参加

2001年に「ART FOR EVERYDAY」をテーマに掲げ誕生したTシャツ専門のレーベル BEAMS Tが、今年で20周年を迎える。その周年を記念し、ビー ムスT 原宿にて記念イベントを開催する。

『アサシン クリード』などで知られるユービーアイソフトとビームスTのコラボレーションアイテムが発売 | FACE、SHINKNOWNSUKE、小田原愛美、TEITOなどが参加するゲームチーム「DHC」がデザイン

『アサシン クリード』、『ウォッチドックス』などで知られるフランスの独立系ゲーム会社ユービーアイソフトとビームスTのコラボレーションアイテムが発売される。

【特集】音楽好きのための今季注目のTシャツ15選

本特集では、今シーズン発売で何かしらの音楽ネタを引用したTシャツを集め、注目のアイテムをピックアップしている。デザインの背景を知ることで、よりお気に入りの一着になるはず。これからのTシャツ選びの参考にして欲しい。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。