dis/play by 寺沢美遊 | #1 gummyboy

これまでに多くのアーティストを撮影してきたフォトグラファーの寺沢美遊が、PCのディスプレイ越しに被写体を撮影するシリーズ『dis/play』がスタート。これまでにない環境で暮らさなければならなくなった時期における、新しいイメージとコミュニケーションの記録。初回に登場するのはgummyboy。

 

朝ごはんとかいつも何食べてるの?さっきバー食べてたけど。

ぼく朝ごはん食べないです。お昼いっぱい食べますね、焼きそばとか…ソースが好きで。ソースが好きだから焼きそば食べるんです。

焼きそばかー。ふにゃふにゃしたものが好きなの?名前もグミだし…

や、ソースが好きなんで。

リリパが終わったじゃんね、最近はどんな感じ?

『ケロロ軍曹』いっぱい観てます。あと一回見たことある映画をまた見てて。『グッドフェローズ』とか、『アメリカン・スナイパー』とか…前観たけどあんま思い出せないやつ。アメリカっぽいやつめちゃ好きです。でも特にどういうのがとかは…『ロードオブザリング』とか『スパイダーマン』も好きだし。

アメリカだね。

アメリカ多いっすね。

ケロロ軍曹にアメリカ性を感じる?

いや全然。ケロロはむちゃくちゃ純粋なところがいいって話で。ピュアなんですよ、感情が。邪悪な心がない。地球を侵略しようとしてるけど、その…自動販売機で美味しいドリンクを売って、いっぱい金稼いで地球を侵略しようっていう、何それ?みたいな。かわいいんですよ。絶対失敗するし。

頑張り屋さんなヒーローだね。

好きですね。スパイダーマンは恋人がどうとか常に問題を抱えてるからおもろいっす。

制作はどうですか?

していきたいけど…今までと違う作り方をしようとした時に外に出られなくなったから。ビートメイカーと直接会って、声を入れるところからビートを作って…そういうモードだったんだけど。今までみたいにビートを拾うか、もらって一人で録ろうかどうか。普通にこう、あんま曲録ってないと…録りたくなってくる。シンプルに歌いたくなってる、歌詞書いたりとか。

なるほどね。最後に一言どうぞ。

早くライブしたい!

Info

アーティスト:gummyboy
タイトル:The World of Tiffany
リリース日:2020年2月19日

Apple Music
https://music.apple.com/jp/album/1497846868?mt=1&app=music&at=10l7qr
Spotify
https://open.spotify.com/album/6xKDncnIW7RNP8ilHU4CUV
iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/1497846868?app=itunes&at=10l7qr
その他サービス
https://linkco.re/RSxy2rQt

◆トラックリスト
1. hone
2. fuckin’ boy
3. SAKURAI SHO
4. 302
5. talk to you
6. thinking?
7. orange
8. heart interlude
9. Tiffany

related

BEST BUY 2020 Selected by 寺沢美遊

今回は嫁入りランドのメンバーとしても知られる写真家の寺沢美遊が登場。

名古屋club JB'Sで開催のイベント『DEAR GATSBY』にTohji、gummyboy、MURVSAKI、who28らが出演

名古屋club JB'Sにて開催され、これまでにも数々の新鋭アーティストを招聘してきたイベント『DEAR GATSBY』が11月29日(日)に開催される。

ヒップホップの楽曲制作から配信、プロモーションまでを学べる『Beat, Flow and Promotion』が受講生の二次募集を受付中

Daichi Yamamoto、PARKGOLF、gummyboy、Tomggg、ASOBOiSMなどが講師として参加する、ヒップホップの楽曲制作から配信、プロモーションまでを学べる『Beat, Flow and Promotion』の、開講が9月に延期になったのを受けて受講生の二次募集を数枠のみ開始している。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。