Kanye Westが「『JESUS IS KING』の20%はiPhoneでレコーディングされた」と明かす

先日公開されたGQのカバーストーリーに登場したKanye West。今年の大統領選でトランプ大統領へ投票することを仄かしたことも話題を呼んだが、一方で昨年リリースされたアルバム『JESUS IS KING』のレコーディングについても語っている。

Geniusによると、Kanyeは『JESUS IS KING』のレコーディングについて「iPhoneにラップするだけなんだ。あれは地球で最高のマイクだよ」として、「『The College Dropout』の3、4割はRolandのVS-1680でレコーディングした。『JESUS IS KING』の20%はiPhoneでレコーディングしたんだ」と明かした。キャリアの最初からチープな機材での制作を試していたようだが、前回の『JESUS IS KING』にもミニマルな環境でラップを録音した楽曲が含まれているのだという。

iPhoneでのレコーディングを彼が始めたのは『Yeezus』からとのことで、『JESUS IS KING』については「“Closed on Sunday, you're my Chick-fil-A”の部分はiPhoneで録ったんだよ」と、具体的に“Closed On Sunday”といった楽曲にiPhoneで録音した音源が含まれていることも明かしている。

アプリや本体の発展に伴いiPhoneで楽曲制作することは徐々に一般的になりつつあり、例えばThe InternetのSteve LacyがKendrick Lamarmの“PRIDE.”のビートをiPhoneで制作したことは大きな話題を呼んだ。またMadlibが昨年リリースのアルバム『Bandana』を全てiPadで制作していたことも、ビートメイキングにおいてiPhoneやiPadが新たな武器となりつつあることを象徴している。

KanyeほどのアーティストがiPhoneを使った楽曲制作を取り入れているという事実は、これからビートメイキングやラップを始めてみたいという人々にも勇気を与えるのではないだろうか。GQによるインタビュー全編はこちらから読むことが出来る。

related

【レビュー】Kanye West 『DONDA』|ゴスペルの完成または..

度重なるプレリリースイベントを経て、Kanye Westが8月末にリリースした新作『DONDA』。Kanyeが最も愛した実母の名前を冠したこのアルバムは、幾度となくリリース予告がされていたこともあり重要な作品と目されており、リリースと同時に大きな反響を呼び、久しぶりの商業的な成功を彼に与えることに...

Kanye WestとGAPによるYEEZY GAPのラウンドジャケットの先行予約がスタート

Kanye WestとGAPによる話題のプロジェクトYEEZY GAPから、目玉アイテムとして発売前から話題になっていたラウンドジャケットのブラックの先行予約がスタートした。

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。