ラッパー小林勝行の躁うつ病の経験や信仰する宗教についてなどをテーマにしたドキュメンタリー映画『寛解の連続』が公開決定

神戸出身のラッパー小林勝行は、2011年に発表した1stアルバム『神戸薔薇尻』日本の地方都市に生きるアウトローの半生を生々しく描き、一部批評家やリスナーから熱狂的な支持を集めたが、その後の活躍を期待されていた矢先、活動を休止する。

ドキュメンタリー映画『寛解の連続』は、活動休止から数年後に小林勝行とカメラマンの光永惇が、彼の入院していた精神病院に来ていた—小林勝行が自身の抱える躁うつ病や隔離病棟での体験、障がい者介護に従事する日常、信仰する宗教のことなどをテーマにした2ndアルバム『かっつん』を発表するまでに密着した、記憶の記録となっている。

光永は誰からも頼まれていない映画製作を一人で開始し、監督、撮影、編集、プロデューサー、全てをDIYで貫徹。小林勝行の音楽への惜しみないリスペクトと、ともに過ごした時間の重みから制作された映画は軽自動車で小林勝行の記憶をめぐる旅に同行するうち、カメラを、観客を、思いもよらぬ地平に連れて行く。

映画『寛解の連続』は、5/23(土)より神戸・元町映画館にて公開となる。

Info

撮影・編集・監督・プロデューサー:光永惇
出演:小林勝行 市和浩
音響:小林宏信
題字:􏰀OLID
製作・配給・宣伝:􏰀ardinehead Pictures
2019/日本/112 分/DCP/カラー/1:16/ステレオ
©2019sardineheadpictures

2020年5月23日(土)神戸・元町映画館にて1週間限定レイトショー!

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。