THE NORTH FACEの高機能アウターカスタマイズサービス141 CUSTOMSから新アイテムが登場

昨年11月にグランドオープンした渋谷PARCO内に店舗を構えるTHE NORTH FACE LAB(ザ・ノース・フェイス ラボ)で展開している高機能アウターウェアカスタマイズサービス141 CUSTOMSに、2/5(水)より新しくカスタマイズできるアイテムが追加されている。


141 CUSTOMSとは、専門スタッフがカウンセリングを行い、店舗に設置している3Dスキャン システムによって得られたお客様一人ひとりの体型情報に合わせたパターンを作製し、好みに合わせた主素材、裏地、ファスナー、ボタン、ロゴのカラーカスタマイズが可能なサービスである。アイテムは職人が一つ一つ丁寧に仕上げている。

2019年秋冬シーズンより展開しているアイテムに加え、2020年春夏シーズンは、CLIMB LIGHT JACKET(クライムライトジャケット)、MOUNTAIN RAINTEX JACKET(マウンテンレインテックスジャケット)、SWALLOWTAIL HOODIE(スワローテイルフーディ) の3アイテムを新たに追加展開する。

SWALLOWTAIL HOODIE サイズカスタムズ :¥27,000~、カラーカスタマイズ:¥28,800~、フルカスタムズ:¥32,000~

軽量かつ防風・撥水性に優れたTHE NORTH FACEの定番となるウィンドシェルフーディ。アウターとしてだけでなミドラーとしても活用できるデザイン。前身頃肌面に施したメッシュ素材が汗ばんだ肌に生地がまとわりつくことを軽減、両脇ポケットはベンチレーションとしての機能を備えるなど、トレイルランニングや登山、キャンプなど様々なシーンで活用しやすい1着だ。

MOUNTAIN RAINTEX JACKET サイズカスタムズ:¥49,500~、カラーカスタマイズ :¥52.200~、フルカスタムズ:¥58,000~

軽さと堅牢さを兼ね備え、70Dの防水透湿素材の3層のGORE-TEX PRODUCTSを採用したレインジャケット。トリコットバッカーは肌触りも良く、襟部分に収納できるビルトインフード仕様を採用。スタッフサック付きでコンパクトにまとめて携行もしやすく、レインウェアにとらわれない日常にも使いやすい防風・防寒シェル。

CLIMB LIGHT JACKET サイズカスタムズ:¥48,000~、カラーカスタマイズ :¥54.000~、フルカスタムズ:¥60,000~

防水透湿素材のGORE-TEX Micro Grid Backerを採用した軽量レインジャケット。素材が持つ防水透湿性に加え、バタつきを抑えるスリムシルエットや腕上げのしやすい運動性、わずか270gの軽量さなどレインウェアとして高い機能を備えます。またアジャストの領域が広いヘルメット対応のフード仕様となっており高所登山や縦走シーンに対応可能。

 

Info

141 CUSTOMS WEB
https://www.goldwin.co.jp/tnf/141customs/

related

THE NORTH FACEとHender Schemeによる初のコラボシューズが発売

THE NORTH FACEが、東京は浅草のアトリエを拠点に、レザーを使ったシューズや革小物などのプロダクトを独自の視点で展開するプロダクトブランドHender Schemeとコラボしたシューズを、 9月16日(水)から9月20日(日)まで両ブランドの特設サイトにて抽選販売。また、 10月5日(月)からはGOLDWIN WEB STOREでの販売も開始となる。

THE NORTH FACEが初のキュレーションメディア『window』をローンチ

THE NORTH FACEが初のキュレーションメディアwindowをローンチした。

THE NORTH FACEよりVelocity Knit GORE-TEX Invisible Fitが発売

THE NORTH FACEより、Velocity Knit GORE-TEX Invisible Fitが新色ベージュを加え、1月10日(金)より全国発売される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。