Erykah Baduが自身の性器の香りがする香水を開発中だと明かす

言わずと知れたネオソウルの女王Erykah Badu。キャリアの中で様々な伝説を残している彼女が、まさかのアイテムを制作し販売しようとしているようだ。

今週水曜日に10 MagazineからErykah Baduのインタビューが公開。そこで彼女は、なんと自身の女性器の香りを再現した香水を作ろうとしていることを明かしている。

本人によれば「私のプッシーが男を変える、っていう都市伝説があるんだよ。私が好きになった男や、私を好きになった男は仕事や人生が変わるの」とのことで、Erykah Baduと恋に落ち肉体関係を持った男性は人生が好転するのだという。そこで自らの身体がもたらす不思議な力を多くの人にも享受して欲しいと考え、自身の女性器の匂いを再現した香水を作り、『Badu’s Pussy』と名付け販売しようと思い立ったそうだ。

さらに彼女は『Badu’s Pussy』の驚くべき作り方も明かしている。「私のパンティーを沢山集めてきて、それを小さく切り刻んで燃やすの。灰もその一部だよ」との言葉から、香水の主な材料はErykah Baduの使用済みの下着であり、灰も少なからず混入した液体であることが分かる。果たしてその方法で本当に香水が作れるのか、そもそも下着に染み付くほど強烈な匂いとはどんなものなのか、などと疑問は尽きない。ちなみに、彼女は少し前から下着を着用することをやめているため、香水を作るにあたって下着を燃やすことも問題ないのだという。流石というべきだろう。

現在Erykah BaduはBadu World Marketというオンラインストアの発足に向けて動いており、そこでは洋服やアクセサリーなどが販売されるとのこと。「Badu’s Pussy」もそれらのアイテムに混じって販売されるようなので、彼女の不思議な力を感じてみたいという方は是非チェックしてみて

related

Teyana Taylorが次の子供の出産をErykah Baduに手伝ってもらう予定であることを明かす

今月は新作『The Album』をリリースしたことも話題を呼んだTeyana Taylor。そんな彼女が、同作に収録された楽曲“Lowkey”でコラボも行ったErykah Baduと、人生の大きな局面を共にするようだ。

Erykah Baduがライヴ中にR. Kellyを擁護したことで批判を浴びる

ドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』の放送によって性的暴行疑惑の全貌が明らかとなったR. Kelly。当然音楽シーンの内外から彼に対する批判、そして追放を呼びかける声が巻き起こっているが、先日Erykah baduが彼を擁護する発言を行ったことで非難されている。

Erykah Baduがフルバンドセットで東京と大阪のBillboard Liveに登場

デビューアルバムから20周年という節目の年に、Erykah BaduがBillboard Liveに初登場する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。