Billie Eilishが曲の中でストーリーを語ることと嘘をつくことは違うと主張 | 多くのラッパーが嘘をついていると批判する

待望の来日公演も決定し、グラミー賞の主要4部門を独占したBillie Eilishが、Vogueのインタビューに登場している。

彼女の音楽との出会いなどが語られているインタビューで、リリックについて興味深い論点が主張されている。Billieは自身の楽曲の中で語られるストーリーの多くがフィクションであることを認め、兄のFinneasと創造したキャラクターの視点からストーリーを作り上げるのを楽しんでいるという。また同じように楽曲の中でキャラクターを作り上げているアーティストとして、Tyler, The CreatorやLana Del Reyの名前を挙げて賞賛している。

しかしBillieは、「ストーリーがリアルじゃないからと言って、それが重要ではないというのは違う」と述べ、「楽曲の中で嘘をつくこととストーリーを描き出すことは異なる」と主張する。Billieは多くのラップの楽曲が嘘をついていると述べ「私が知っているラッパーの楽曲でも"俺は(AK-47の)銃を持ってるぜ、俺はなんたらかんたら"って言ってるけど、何言ってんの?銃持ってないじゃんって感じだし、"俺のビッチが"とか言ってるけど、どのビッチだよって感じだし、あれは上辺だけだね、私がやっていることとは違う」とラッパーと自分の違いを強調した。

Billieの言っているラッパーがどのラッパーかは明かされていないが、ラッパーがリリックで嘘をつくというのはよく主張されることで、最近でもDrakeが実父からリリックについて事実と異なると述べていた。

Billie Eilishが登場したVogueのインタビューはこちらから読むことができる。

related

Billie Eilishがアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』に影響を与えた楽曲のプレイリストを公開

Billie Eilishが1stアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』に影響を与えた楽曲のプレイリストを公開した。

Billie Eilishの"bad guy"が2019年で最も売れたシングルに認定

Billie Eilishの"bad guy"がIFPI(国際レコード産業協会)によって2019年全世界で最も売れたシングルに認定された。

Billie Eilishによる映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌が公開

Billie Eilishが手がける映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌、"No Time To Die"が公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。