Drakeが自身の父親の主張に対して「俺は真実しかラップしていない」と返答

今やストリーミングの帝王として圧倒的な人気を誇るDrake。そんな彼は度々、楽曲の中で自身の父親との疎遠な関係やわだかまりについてラップしているのだが今回、ラジオ番組に登場したDrakeの父親が息子のラップについて事実と異なるという主張をし、話題になっている。

先週金曜日、Drakeの父親Dennis Grahamがアメリカのラジオ局Power 106のNick Cannonのインタビューに登場。自身の息子であるDrakeの楽曲について語っている。

先述したようにDrakeは度々、楽曲の中で父親との関係についてバースを蹴っているのだが、それについて「私は彼のラッ)についてDrakeと話したよ」と語り始めたDennisは続けて「私はいつもDrakeとともに過ごしていた。毎日とは言わないまでも頻繁に彼とは話すようにしていたし、私達はその事について本当に真剣に話していたんだ。私がDrakeに「なんでお前は私について全く違うことをラップするんだ?あんまりかっこよくないぞ」と言ったら、彼は「父さん、その方が曲が売れるんだよ」と答えてきて、私は「オーケー、まあ良いんじゃないか」と言ったよ」とDrakeが曲の中で語っていることを否定するとともに、彼が売れるために嘘を言っていることをほのめかした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@therealdennisg speaks on @champagnepapi’s lyrics about him | 🔄 @culturemillennials

REVOLT TVさん(@revolttv)がシェアした投稿 -


実際、Drakeは2011年にリリースした楽曲“Look What You've Done,”や2013年の“From Time”の中で父親について言及している。

そんな中、今週火曜日、DrakeはInstagramのストーリーにて自身の父親の主張に返答。楽曲に嘘はないと疑惑を真っ向から否定した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Drake responds to Dennis Graham’s claims that Drake lies in his music, about his father Dennis, to sell records. Thoughts?

REVOLT TVさん(@revolttv)がシェアした投稿 -


「今日は起きたら胸が痛かった」と始まる文には「父は自分の話を聞いてくれる人に対しては何でも言うだろう。家族がこのようになってしまったのは悲しいけれど、俺達は行き詰まっていて、どうすれば良いか分からない。俺が今までに歌ってきたバースは真実だけど、一部の人々にとって真実というのは受け入れがたいものなんだよ」と綴られており、彼は父親を非難するとともに楽曲の中で自身がラップしていることは全て事実だと主張している。

他のラッパーではなく、自身の父親との論争という思わぬ問題が起きてしまったDrakeだが事実を言っているのはどちらなのだろうか。もし、Dennisの主張が本当ならばDrakeはファンを裏切っていたと言っても過言ではない。いずれにせよ、家族は大切にするべきというのは間違いないのだが。

related

BAPE®がDrake率いるOVOとカプセルコレクション第2弾をリリース|モデルにはFUTUREを起用

BAPE®がカナダ・トロント出身のラッパーDRAKEが手掛けるクリエイティブ集団「October’s very own」と再度タッグを組み、第2弾となるカプセルコレクションを発表。 2021 AWコレクションでは、秋のシーズンからインスピレーションを得た両ブランドのシグネチャーアイテ...

Drakeが製作総指揮、Zendayaが主演するドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』がU-NEXTで配信

HBOが気鋭スタジオA24とタッグを組み、Drakeが製作総指揮をとったドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』が、本日6/30(水)からU-NEXTで独占配信開始となった。

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。