ミシェル・オバマ元大統領夫人がワークアウトのためのプレイリストを公開

音楽好きとして知られるオバマ前大統領とミシェル・オバマの夫妻。定期的にお気に入りの楽曲のプレイリストを公開し話題を呼ぶ彼らだが、今回、ミシェル・オバマがワークアウト用のプレイリストを公開している。

Complexによると、ミシェル・オバマは先週末にTwitterとInstagramにて『MICHELLE OBAMA’S 2020 WIRKOUT PLAYLIST』と題したプレイリストを公開。

「そろそろ新年の抱負を維持するのが少し難しくなる時期です。ちょっとしたインスピレーションのために、私のワークアウトプレイリストを公開しようと思います。これらの曲はいつも、私の一番タフなワークアウトを成し遂げるために特別な力を与えてくれます。みんなのプレイリストはどんなものですか?」と綴り、楽曲のリストが掲載された画像を投稿している。

ミシェル・オバマのプレイリストにはChildish Gambinoの“3005”やAnderson. PaakとKendrick Lamarの“TINT”、Cardi Bの“Press”、Nipsey Hussleの“Hussle & Motivate”などいかにもトレーニングに合いそうな楽曲が並ぶ。後半にはクールダウンのためのパートとしてDaniel Caesarの“Blessed”やFrank Oceanの“Godspeed”など、過酷な運動に疲れた心身が安らぐような楽曲が収録されている。

今回もヒップホップやR&Bを中心に、センスの良さが存分に発揮されたプレイリストとなっている。正月を経て運動不足気味な方は、ミシェル・オバマのプレイリストを聴きながらワークアウトに励んでみては?

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。