韓国大手事務所でのキャリアを持つ注目アーティストNOAがデビュー曲"LIGHTS UP"のミュージックビデオをリリース

韓国大手事務所での7年間の練習生としてのキャリアを持つ新人アーティストNOAが、デビューシングル"LIGHTS UP"をリリースし、ミュージックビデオを公開した。

NOAは、母の仕事の都合で韓国に滞在していた際、美容院でK-POPアーティストを担当しているヘアスタイリストにスカウトされ、韓国大手事務所のオーディションに参加し合格、7年間を練習生として韓国で過ごし2018年に日本に帰国しアミューズと契約をした。

日本語、英語と韓国語が堪能で、デビュー曲は作詞·作曲·編曲を自身とiKONの数々のヒット曲を手がけたMILLENNIUMが共同で手がけている。

"LIGHTS UP"のミュージックビデオは、全編 iPhone 11で撮影を行っており、超広角、望遠などの機能を使い、NOAと親密な関係の人物が自分のiPhoneで撮ったかのような、ドキッとするプライベート感も演出として挿入している。

Info

NOA 「LIGHTS UP」
2020 年 1 月 10 日(金) DIGITAL RELEASE
1. LIGHTS UP
2. LIGHTS UP (Korean ver.)
<各種配信サイト> https://lnk.to/LIGHTSUP20200110

related

NOAの"Too Young"にタイのラッパーTwopee southsideが参加したバージョンを来週リリース

NOAが先日リリースしたEP『Too Young』のタイトル曲に、タイのラッパーTwopee southsideが参加したリミックスバージョンが3/5(金)にリリースされる。

NOAが自身の誕生日に初のオンラインライブを開催

NOAが先月リリースした1st EP 『Too Young』を記念して、自身の誕生日である3/13(土)に初のオンラインライブ『NOA 1st ONLINE LIVE』を開催する。

NOAが『スッキリ』で地上波デビュー

先日EP『Too Young』をリリースしたばかりのNOAが、明日2/8(月)に日本テレビで放送される『スッキリ』のコーナー「BUZZ-P」で、地上波のTV番組に初出演を果たす。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。