係争中のKanye WestとEMIが和解に至らず再び裁判に

今年の始めより、かつての所属レーベルEMIに対して訴訟を起こしていたKanye West。今回、そんな両者の裁判が和解に失敗したことが報じられた。

Complexによると、EMIは今年9月に裁判所に対してKanye Westとの和解を報告。和解には今日12月27日を締め切りとして両者の原則的合意が確認される必要があったが、EMIは裁判所に対し「残念ながら、今日現在、両当事者は和解の条件を最終決定することも、互いに合意に至るための条件に関連する問題を解決することも出来ませんでした。結果として、正当な理由のもと、そしてEMIがここに申し込む通り、裁判を再開します」との内容の文書を送ったという。

裁判の争点はKanyeとEMIの契約が「奉仕」にあたるのではないか、ということで、彼がEMIとの契約を満了しているにも関わらずEMIから作品をリリースしなければならない状況、また契約文に含まれた「あなたはこの契約書を通じて、作曲、メジャーレーベルアルバムの制作、レコーディングに職業として積極的に関わり続けることを表明したものとします。任期中はソングライター、レコーディングアーティスト、プロデューサーとしての活動を引退、もしくはキャリアを積極的に追求していない期間を延長することはできません」として引退を実質的に禁止する文言が含まれていたことも問題視されている。

今後KanyeとEMIの裁判はどのように展開していくのだろうか?続報を待ちたい。

related

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

Kanye Westが自身の過去のアルコール依存について語る

昨年は、新作『Jesus Is King』のリリースなど良くも悪くも話題を振りまき続けたKanye West。そんな彼が自身の過去のアルコール依存との闘いについて語った。

Kanye WestがSunday Serviceアルバム『Jesus Is Born』を本日リリース

今年も良くも悪くも話題を振りまき続けたKanye Westが、ホリデーシーズンにニューアルバム『Jesus Is Born』をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。