GeGによるイベント『メロメロライブ~GeG’s Live Set~』のドキュメンタリー映像が公開

11/8に大阪STUDIO PARTITAにて開催された変態紳士クラブのGeGのアルバム『Mellow Mellow~GeG's PLAYLIST~』の発売を記念したライブイベント『メロメロライブ~GeG’s Live Set~』のドキュメンタリー映像が公開となった。

GeG完全プロデュースの元に開催されたこのライブ・イベントは、出演者は全て非公開。GeGとスペシャル・バンドによるバンド・セットでのライブという事前のアナウンスのみでチケットはソールドアウトとなった。

一体誰が出てくるのか?と期待を膨らませた超満員の観客が見守る中、WILYWNKA、VIGORMAN、BASI、唾奇、PERSIAなど、同作に参加している豪華アーティスト達が次々に登場し、アルバム収録曲とそれぞれの代表曲を披露。超満員のフロアは大熱狂となった。

出演者、観客が一体となり、素敵な一夜となったイベントを凝縮した映像となっている。

Info

[Set List]
M.Intro
Don't Look Back / WILYWNKA
Rodo Trip / Shurkn Pap
EIAO / ◆Shurkn Pap
地下の楽園 feat VIGORMAN / Shurkn Pap
Slow Down / VIGORMAN
Diamond / VIGORMAN
WAVY / 変態紳士クラブ
HOME /変態紳士クラブ l
ナチュラル / ail
ホロリ / ail
ISLAND TRIP / SHADY
Live it up / SHADY
New world order / PERSIA
舞浜 / PERSIA
ワンダフルワールド / Hiplin
little baby / Hiplin
Grow Up / Hiplin
かさぶた / BASI
愛のままに feat.唾奇 / BASI
すきにやる / 変態紳士クラブ
Merry Go Round / BASI,唾奇,VIGORMAN & WILYWNKA

[出演者]
変態紳士クラブ
WILYWNKA
VIGORMAN
BASI
唾奇
PERSIA
SHADY
Shurku Pap
Hiplin
kojikoji
aill

[参加ミュージシャン]
TAKU (韻シスト)
井上惇志(showmore)
KenT (Soulflex)
RaB (Soulflex)
Funky D (Soulflex / Yard Vibes Band)
FUJI(Yard Vibes Band)
Tatzma the Joyful (Yard Vibes Band)
野村帽子(Yard Vibes Band)
SHOW(Yard Vibes Band)

related

GeGの"Merry Go Round feat BASI,唾奇,VIGORMAN,WILYWNKA"のMV再生回数が1000万回を突破 | 記念のスタジオライブムービーが公開

GeGの代表曲"Merry Go Round feat BASI,唾奇,VIGORMAN,WILYWNKA"のMVの再生回数が1000万回を突破したことを記念し、参加メンバーが一堂に会したスタジオライブ映像が公開された。

GeGによる新レーベルから第一弾アーティストHiplinのEP『CHOKING』がリリース

変態紳士クラブのメンバーでもあるGeGが新レーベル『Goosebumps Music』をスタート。本日11/11(水)にシンガーソングラターHiplinの1st EP『CHOKING』がリリースされた。

GeGが自身のレーベルGoosebumps MusicからHiplinとのコラボ曲"Grow Up"をリリースしミュージックビデオを公開

Hiplin、WILYWNKA & kojikojiを迎えた"I Gotta Go"が大きな話題となっているGeGが、自身のレーベルGoosebumps MusicからHiplinとのコラボ曲"Grow Up"を本日リリースしミュージックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。