Kojoeによるビートテープシリーズ第三弾『Joe’s Blvd』が本日リリース

ディガーの間で話題を呼んでいるKojoeによるビートテープ・シリーズ。毎月1つのテーマに基づいてKojoeならではの世界観を提示する人気シリーズの第三弾は『Joe’s Blvd』と題し、新旧含めあらゆる車種を各タイトルに配置した作品に。

ハイウェイでのドライブを思わせる爽やかなビートや渋い夕陽を連想させるロウなビートの数々が堪能できる。今回も全曲新作のみで構成され、アートワークはゴルフウェアブランドRusselunoを始めとして、数々の仕事を手掛けるYengiworksが担当している。

Info

Artist : Kojoe
Title : Joe’s Blvd
Release : 2019.12.20
※配信のみの音源となります。

DL / Streaming :
https://linkco.re/eB3357f2

related

Kojoe、B.D.、ELIONE、¥ellow Bucksが揃い踏みした楽曲"T.K.N.Y."の12インチがリリース

NYのプロデューサーStatik Selektahがビートを提供しKojoe、B.D.、ELIONE、¥ellow Bucksの4人がマイクを回した楽曲"T.K.N.Y"の12インチアナログ盤が、12/26(土)にリリースとなる。 この楽曲はNYのブランドALIFEのデザインディレクターを務...

KOJOEがRudebwoy Faceとのコラボ曲"it's all deuce"をリリース

KOJOEがこれまでもコラボ曲をリリースしているRudebwoy Faceとの最新チューン"it's all deuce"を、本日9/9(水)にリリースしミュージックビデオを公開した。

Kojoe、B.D.、ELIONE、¥ellow Bucksが参加し、Statik Selektahがプロデュースした新曲"T.K.N.Y."のミュージックビデオが公開 | NYのブランドTHUMPERSとManhattan Recordsのコラボ企画

日本でも人気を博したNYのストリートブランド・ショップALIFEのデザイン・ディレクターを務めていた Jesse Villanueva が、今までの経験やファッションシーンを駆け抜けた過去から立ち上げた自身のブランドTHUMPERS(サンパース)と、今年で創業40周年を迎える渋谷宇田川町の老舗レコードショップ/音楽レーベルManhattan Recrodsがコラボしたアイテムを発売。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。