The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by KM

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は、ヒップホップに根ざしたスタイルを保ちながらも、ジャンルという概念に縛られる事のない音楽プロデューサー、KM。

 

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by KM

KM、田我流 - "夜のパパ"

 

コメント

2018年にリリースした自分名義の1st Albumからのシングルカット、夜のパパ Ft.田我流はたくさんの人に聴いてもらえました。

田さんとの出会いは、そもそも、僕が田我流さんのファンだったことと、同じイベントにブッキングを頂いた際に(WWWのEmotionsだったと思います)、自己紹介して連絡先を教えて貰ったことが始まりです。後日Lost (EP)に入っている音源とデモ数曲を送ったら、すぐに返信が来て、制作のやりとりが始まりました。2018年始めだったと思います。

実は初めに出来た曲は、最新EP(More Wave - 田我流&KM)に入っているLong Goodbyeです。トラックは何度も変わっていますが、リリックの原案その時点ですでにあったんです。ただ、当時聴いた感想は、二人とも「表現したいことが大きすぎて、しっくりこない」という感じで、保留されていた曲です。Long Goodbyeよりももっと具体的に、僕の「普段の生活のことを歌ってみたい」という田さんからの提案で、「夜のパパ」のリリックが上がってきたんです。その後も、田さんのアルバム(RIDE ON TIME)でAnywhere - 田我流 Ft. NTsKi を作ったり、ツアーに参加させて頂いたりしているうちに、スプリットEPの企画で、Long Goodbyeを「出しても良いんじゃないか?」という気持ちになれたのは、とてもストーリーと波を感じさせてくれました。

「ゆれる」を聴きながら、毎日通勤電車に揺られていた自分からしたら、2010年代の自分の成長はまぁまぁ快挙です。
自分でも頑張ったと思う、のんびりだけど(笑)

 

2020年代はどのように過ごしたい?

まだまだ、日本のRapというカテゴリーの中でやってみたいことも、半分も出てないんです。正直。
2029年末に同じように「まだまだ半分も出てないんです。正直。」って言えるようなアーティストになってたいです。

 

Info

(SIC)BOYとのスプリットEPが来年早くにリリースされるのかな?
他にも毎日いろんなRapper、Singerと曲作ってますので、随時チェックしてくれたら嬉しいです。

KM

音楽プロデューサー。ヒップホップに根ざしたスタイルを保ちながらも、ジャンルという概念に縛られる事のない音楽性はリリースの度に話題となる。ANARCHY、SALU、BAD HOP、killa、田我流、ECD、SKY-HI、Taeyoung Boy、Gottz、Kvi Babaなど、すでに数多くの楽曲やRemixワークを世に送り出している。2018年9月、自身名義のファーストアルバム 『FORTUNE GRAND』リリースしている。

related

BEST BUY 2020 Selected by KM

色々あった2020年も終わりに近づき、毎年恒例のFNMNLの年末企画がスタート。

新鋭シンガーLil’Leise But GoldがKMプロデュースの新曲“Sleepless. (Pt.1 & Pt.2)”をリリース

東京のアンダーグラウンドで注目を集めつつも謎の多い女性シンガーLil’Leise But Goldが、約半年ぶりとなる新曲“Sleepless (Pt.1 & Pt.2) (prod.KM)”を配信リリースした。

日米を繋ぐ新ヒップホップレーベルFrank RenaissanceからRikuto AFと、LilʼLeise But Gold、Osteoleuco、Ettoman、KMによるデビュートラック“A-Teamʼs Fables”がリリース

日米を拠点に活動し、日本のアーティストと世界をつなぐ新しいヒップホップレーベルFrank Renaissanceから、NBA YouTuberとしても活動しているRikuto AF、シンガーソングライターのLilʼLeise But Gold、ピアノとMCからなるユニットOsteoleuco、元2X日本チャンピオンのビートボクサーであるEttoman、プロデューサーKMによるシングル“A-Teamʼs Fables”がリリースされた。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。