The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by onnacodomo

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回はビデオカメラの下で水・おもちゃ・印刷物のコラージュなどあらゆるものを音に合わせてリアルタイムで組み合わせてビジュアルをつくり投影する唯一無二のVJスタイルで活動するアニメーションユニットonnacodomo。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by onnacodomo

2015年 アメリカのCoachellaフェスティバルにRyan HemsworthのVJとして参加出来たこと。

コメント

CoachellaでのVJは、過去最大のステージと観客の前でパフォーマンスが出来て、とても楽しく幸せすぎて、今まで続けてきた活動のご褒美みたいな感じでした。本番直前に映像が出ないという機材トラブルが発生し、全員が今までの人生の懺悔をして祈り始めたことも、終わってみれば良い思い出です。たくさんの人やアーティストの中で、世界の広さと狭さを肌で感じました。また行きたいですTT

 

2020年代はどのように過ごしたい?

2010年代の最後の年、2019年は新体制になり、映像のモチーフやアウトプットの仕方などに、新しいアプローチを試してみた年でした。2020年代はさらに柔軟に濃く、新しいことをやってみたいです。

Info

渋谷PARCO1階WAVE店頭モニターにて、90秒の映像作品が上映中。

onnacodomo

VJ・Director野口路加(グラフィックアーティスト) せきやすこ(アニメーター)による、映像ユニット。
ビデオカメラの下で水・おもちゃ・印刷物のコラージュなどあらゆるものを音に合わせてリアルタイムで組み合わせてビジュアルをつくり投影する唯一無二のVJスタイルで活動。2011年にはバッファロードーターのVJとしてフジロックフェスティバル、2015年にはRyan HemsworthのVJとしてアメリカのCoachellaに出演。近作に「Hei Tanaka/意味はないMV」「J SPORTS“Foot!” OP/EDムービー」等。instagram / twitter @onnacodomo

related

BEST BUY 2020 Selected by onnacodomo

唯一無二のVJスタイルで活動し、今年は藤原ヒロシのアルバム『slumbers 2』収録曲のMVも手掛けたほか、個展『LET OUT』も注目を集めたVJ / 映像ディレクター/コラージュアーティストonnnacodomoが登場。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by SIRUP

今回は、変幻自在なボーカルスタイル、五感を刺激する グルーヴィーなサウンド、そして個性的な歌詞の世界観 でリスナーを魅了するシンガーソングライターのSIRUP。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by BlackEyePatch

今回はインラインや、数々のアーティストやアパレル等のコラボレーション双方で毎回話題を呼ぶ人気ファッションブランドのBlackEyePatch。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。