The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by マザーファッ子

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は、これまでにSIRUP、ZEN-LA-ROCK、あっこゴリラ、電波少女などのMV制作を手掛けた映像ディレクターであり、VJやDJもこなすマザーファッ子。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by マザーファッ子

kick a show - "友達以上恋人未満~less than lover,more than friends~"のMV

 

コメント

2010年代は10代〜20代の特に目まぐるしく状況が変わる中、なんとなく音楽とビジュアルに携わることがしたいと漠然と考えていました。

そのまま大学に入り、MVを作ったこともありませんでしたが、映像制作会社に就職した矢先の出来事でした。

当時vaporwaveのアートがTumblrで流れてきたり、インスタグラムで無名の作品を見て自分もコラージュなどをアップロードしたり、友達に頼まれたフライヤーを作ったりし始めていて、MVを作ることに対しても少し敷居がいい意味で低くなっていた頃でした。

イベントで知り合いになったKick a Showさん、Sam is Ohmさんとたまたまミュージックビデオを作れる人知らない?という話になって、実績もなかったのですが、作りたいといってみて作ったのがコイミマのMVです。

デモを聞いて浮かんできたのがソウルトレインのダンスシーンで、でもあの色彩を表現する術もわからず、じゃあ描こうとなり、ああいった作品になりました。今見ると荒削りな部分も多いのですが、今思えば本当に色々なキッカケとなった映像です。

このMVから始まり、現在さまざまなお仕事をさせて頂いておりますが、この出来事がなければ今映像を作ってることもないかもしれません。10年代の中でも人生の中でも印象深い作品となりました。

 

2020年代はどのように過ごしたい?

今まで1個の事を目指して取り組むというより、その時興味がある事をやってみたらハマったということが多かったのでアウトプットの形を選定せず好きな作品を作り続けられたら、と思います。

わりと好きなものがはっきりしていて、最近自分のカラーが作られてきたような気がしていて世界観といえば聞こえがいいのですが、やってみたい事もまだまだあるので、透明って感じの気持ちで色々な制作に取り組んでいきたいと思います。

 

マザーファッ子

Instagram
https://www.instagram.com/motherfucko/

Twitter
https://twitter.com/na_teuki

映像ディレクター/VJ/DJ
これまでにSIRUP、ZEN-LA-ROCK、あっこゴリラ、電波少女などのMV制作をしている。また、クラブイベントにてDJやVJも行っている。『渋谷芸術祭 presents SCRAMBLE FILMS #1』にてグランプリを獲得。

related

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by SIRUP

今回は、変幻自在なボーカルスタイル、五感を刺激する グルーヴィーなサウンド、そして個性的な歌詞の世界観 でリスナーを魅了するシンガーソングライターのSIRUP。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by BlackEyePatch

今回はインラインや、数々のアーティストやアパレル等のコラボレーション双方で毎回話題を呼ぶ人気ファッションブランドのBlackEyePatch。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by kZm

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。