The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by CYK

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010’s』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は東京を拠点に、国内外から様々なアーティストを招聘し、パーティーを開催するハウスミュージックコレクティブCYK。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by CYK

Kotsu

2010年代(2010年~2019年)に最も印象的だったことは?

2017年12月のCYK feat Mall Grab

コメント

あそこで何かが終わり、何かが始まった。

2020年代はどのように過ごしたい?

僕らのエコシステムを作り上げるための戦い

Nari

2010年代(2010年~2019年)に最も印象的だったことは?

CYKを始めることができたこと。

コメント

2010年代の東京クラブシーンを、同世代の皆で徐々に作り上げることができていることがとても嬉しい。

2020年代はどのように過ごしたい?

CYK・個人共に大きなアップデートをしたい。

告知事項

12月6日(金) CYK feat. Ross From Friends@circus Tokyo
12月28日(土) MALL GRAB Japan Tour@circus Tokyo
12月30日(月) Red Axes@VENT

DJ No Guarantee

2010年代(2010年~2019年)に最も印象的だったことは?

CYKがはじまり楽しくなってきたところだし、結婚したし、転職もしました。とても一つに絞れない!

コメント

おかげさまで毎日楽しいし刺激的だし、周囲への感謝とか至らなさを感じる日々です。日常があってのパーティーだなと思います。

2020年代はどのように過ごしたい?

誠実かつオープンマインドであろうと思います。日々手探りです。

告知事項

CYKとしては、12月はRoss From Friends、Mall Grabと共にプレイして、10年代にさよならします。年明けもグイグイいきます。

Naoki Takebayashi

2010年代(2010年~2019年)に最も印象的だったことは?

CYKを始めたこと。

コメント

当時はまだ学生で不安ばかりだったが、それ以上にワクワクしていた。

2020年代はどのように過ごしたい?

素敵な瞬間をたくさんの人と共有したい。

告知事項

12月6日(金) CYK feat. Ross From Friends@circus Tokyo
12月28日(土) MALL GRAB Japan Tour@circus Tokyo
12月30日(月) Red Axes@VENT

CYK

Nari、Kotsu、Naoki Takebayashi、DJ No Guaranteeによる東京拠点のパーティーコレクティブ。
広義のハウスミュージックを軸に、Mall GrabやNachtbraker、Seb Wildblood、Beesmunt Soundsystem、Avalon Emerson、Jun Kamodaなど国内外からカッティングエッジな表現を行うアーティストを招聘しパーティーを行う。

2018年2月には初のソウル進出、2018年3月には日本を代表するフェスティバルrural主催のパーティーにもラインナップされるなど、対外的な活動も行いながら、東京のストリートハウスコミュニティの核として定着しつつある。

related

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by SIRUP

今回は、変幻自在なボーカルスタイル、五感を刺激する グルーヴィーなサウンド、そして個性的な歌詞の世界観 でリスナーを魅了するシンガーソングライターのSIRUP。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by BlackEyePatch

今回はインラインや、数々のアーティストやアパレル等のコラボレーション双方で毎回話題を呼ぶ人気ファッションブランドのBlackEyePatch。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by kZm

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。